個人事業主もPR TIMES利用が可能に プレスリリースで情報発信を

株式会社 PR TIMES(東京都港区、代表取締役:山口拓己、東証一部:3922)は、2021年5月20日(木)より、これまで法人向けに提供(※1)してきたプレスリリース配信サービス「PR TIMES」の配信利用を、個人事業主にも受付を拡大し、個人事業主の新たな活動を公に伝えるプレスリリースの発信を本格開始いたします。 (※1)利用企業数は5万社超、国内上場企業44%超が利用(2021年2月時点)

【個人事業主向け特設ページ】https://prtimes.jp/small-business-owner/

個人事業主もPR TIMES利用が可能に プレスリリースで情報発信を

個人事業主の情報を、メディアへ、人へ。

当社は「行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ」をミッションに掲げ、創業間もない企業から地方・中小・大企業まで、幅広い「行動者」が自ら情報を発信することを支援してきました。これまで「PR TIMES」は法人向けにプレスリリース配信サービスを提供し、利用企業数は5万社を超えています。

かつては報道発表資料としてメディア関係者のみに配布されていたプレスリリースは、今やインターネットを通じて生活者も楽しむニュースへと進化しており、事業者が新たな企業活動を公に伝えるためのコンテンツとして活用されています。

当社ミッションに登場する「行動者」は何も有名な企業や人だけを指すのでなく、個人で事業を営む方や企業の中の一担当者をも含む概念です。個人事業主もプレスリリースを発信できて、情報を受け取るメディアや生活者にも有益となるよう、当社では個人事業主向けの「PR TIMES」利用について2018年頃から検討と試行を重ねてきました。登録申込と審査、利用サポート等について整備できた今、個人事業主による利用を本格開始いたします。

総務省統計局「平成28年経済センサス‐活動調査」によると、個人経営の企業は約198万あり、約385万の企業全体(法人含む)の半数を超える51.3%にあたります。
https://www.stat.go.jp/data/e-census/2016/kekka/pdf/k_gaiyo.pdf
近所で人気のパン屋さんや地元で愛されているお惣菜屋さん、腕のいい美容師さんや習い事の先生など、私たちの生活を支えてくれている個人事業主は身近に存在しています。個の働き方が多様化する今、多くの個人事業主の方々の最新情報が流通する社会となるよう、当社が果たすべき役割と責任を考え行動してまいります。

プレスリリース発信は、メディアに加えて、クライアントやユーザー、パートナー、自分たちにとって大切な存在に、新たな活動を公に伝える大切な機会です。そこには、受け取る相手を想像して思いを尽くすことで、より多くの人に伝わり、必要とされる可能性があります。新しく始める事業やサービス、新規出店やイベント予定、新メニューや作品発表など、誰かに知ってもらいたいという思いをお持ちの個人事業主の皆さまに、プレスリリースの発信を活用いただきたいと考えています。

個人事業主の登録・審査・利用等について

【プレスリリース配信サービス「PR TIMES」について】

PRTIMESについて
「PR TIMES」は、報道機関向けの発表資料(プレスリリース)をメディア記者向けに配信するとともに、「PR TIMES」およびパートナーメディアに掲載し、生活者にも閲覧・シェアされています。利用企業数は2021年2月に5万社に到達、国内上場企業44%超に利用いただいています。情報収集のため会員登録いただくメディア記者2万人超、サイトアクセス数は月間5000万PVを突破、配信プレスリリース件数は月間2万件を超えています。
サービスURL:https://prtimes.jp/

【個人事業主のプレスリリース発信について】

対象:法人登記をしていない事業者で、「PR TIMES」利用登録申請後、審査通過した方
内容:
①「PR TIMES」サイト上に掲載
②プレスリリースを最大300媒体のメディアに送付
③パートナーメディアへのプレスリリース原文掲載

料金: 従量課金プラン 3万円/1配信(税抜き)

法人による利用との違い:

法人 個人事業主
利用
案内
https://prtimes.jp/service/ https://prtimes.jp/small-business-owner/
登録
申込み
https://prtimes.jp/main/registcorp/form ※法人と同URL
審査時に確認する
可能性があるもの
・ホームページ
(登記簿謄本)
・ホームページもしくはサービスサイト
・事業内容がわかる資料
(開業届/資格証明書)
・プレスリリースドラフトと身分証明書
料金 プラン ・従量課金プラン(税抜3万円/1配信)
または
・定額プラン(月7万円~)
従量課金プラン(税抜3万円/1配信)のみ
サービス提供内容 ① 「PR TIMES」サイト上に掲載
② プレスリリースを最大300媒体のメディアに送付
③ パートナーメディアへのプレスリリース原文掲載
※法人と同内容
パートナーメディア 201媒体
(2021年5月20日現在)
パートナーメディア201媒体より、20媒体以上を保証して原文掲載されます。
※掲載先媒体は、事業内容やプレスリリース内容に応じて、メディアにて判断されます。
130媒体
(2021年5月20日現在)
個人発信のプレスリリースは、パートナーメディアより許諾をいただいた130媒体より、15媒体以上を保証して原文掲載されます。
※掲載先媒体は、事業内容やプレスリリース内容に応じて、メディアにて判断されます。

個人事業主の「PR TIMES」料金プランは、従量課金プラン(税抜3万円/1配信)のみとなっています。

また、設立2年以内の企業が最大10件まで無料利用できるスタートアップチャレンジは、個人事業主は対象外としています。特に個人事業主にとって、一度のプレスリリースは事業やサービスの新規情報を社会に伝える大切な機会になります。その大切な機会に、誰に何をどのように伝えるか、真剣に向き合っていただくためにも、特別プランの設置を行わず、有料のご利用のみとしております。
(※当社の業務提携先の金融機関等から案内いただくプランについては、その提携先にお問合せください。)

【個人事業主の利用登録における審査フロー】

利用登録の際、記載いただくホームページ等の情報を元に事業内容を確認しています。個人事業主の皆さまで、ホームページをお持ちでない場合は、開業届や資格証明書(必要な業態の場合)など実際に行っている事業が確認できる書類を提供いただくことで、登録が可能な場合があります。これらの書類もない場合も、発信予定のプレスリリースの内容に加え、身分証明書を提示いただくことで、登録申込みをお受けして審査させていただきます。ご不明な点はまずはお問合せください。
問い合わせフォーム
https://tayori.com/form/1f80a06fde99c4f33be888ac560c15421569a670

個人事業主を含む中小企業の業況はリーマンショック超えの大幅低下

個人事業主を含む中小企業の業況はリーマンショック超えの大幅低下

中小企業庁・(独)中小企業基盤整備機構「中小企業景況調査」

(注) ここでは、中小企業とは中小企業基本法第2条第1項に基づく「中小企業者」、小規模事業者とは中小企業基本法第2条第5項の規定に基づく「小規模企業者」、中規模企業とは中小企業から小規模事業者を除いた企業をいう。

中小企業庁・(独)中小企業基盤整備機構の調査によると、2020年前半に業況判断ID(※1)が急速に低下し、第2四半期にはリーマンショック時を超える下落幅となりました。その後、2期連続で上昇したものの、 2021年第1四半期は再び低下傾向にあります。新型コロナウイルスの感染拡大、度重なる緊急事態宣言等の影響を受け、個人事業主を含む中小企業にとっては厳しい状況が続いています。

※1景況調査の業況判断DIは前期に比べて、業況が「好転」と答えた企業の割合から「悪化」と答えた企業の割合を引いたもの。

開業時・開業後に苦労するのは顧客・販路の開拓

開業時・開業後に苦労するのは顧客・販路の開拓

日本政策金融公庫総合研究所「2020年新規開業実態調査」

対象は、開業後1年以内の企業1597社(61.6%が個人事業主⦅開業時⦆)

日本政策金融公庫総合研究所は、開業後1年以内の企業1597社(内61.6%が個人事業主として開業)を対象にアンケート調査を行いました。
同調査では、 46.8%が開業時に顧客・販路の開拓に苦労したと回答。また、現在苦労していると回答した企業は47.3%に上り、資金繰りや従業員の確保などの項目と比べて最も高い水準です。
いかに事業を世の中へ広め、認知をとっていくかが、顧客を獲得できる鍵になると言えます。「PR TIMES」よる個人事業主の利用受付本格開始は、顧客・販路開拓に対する課題解決をサポートします

個人事業主のPR TIMES活用事例

アトピヨ Ryotaro Ako様

個人事業主のPR TIMES活用事例 アトピヨ Ryotaro Ako様

日本初の”アトピー見える化アプリ”「アトピヨ」の開発・運営。全国ネット局のTV番組、新聞全国紙、WEBメディアなど複数の媒体で紹介される。
※2021年3月にアトピヨ合同会社として法人化
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/35958
〈コメント〉
日本初の"アトピー見える化アプリ”「アトピヨ」の周知を目的として、2018年7月のアプリのリリース以後、継続的にPR TIMESを利用しています。プレスリリースは、忙しい記者さんの目に留まるように、インパクトがある部分をコンパクトに写真・図を交えて、分かりやすく伝えること、また、リンク先をつけるなど内容を確認しやすくすることを心がけています。PR TIMESを活用し、多くのメディアに取り上げていただいた結果、ダウンロード数が大きく伸び、「アトピヨ」は日本最大のアトピーコミュニティーに成長し、とても嬉しいです。

EMIJINGU 神宮 エミ様

EMIJINGU 神宮 エミ様
バルーンアーティストとして世界で活躍。全国ネット局のTV番組を始め、新聞・WEBメディアに複数取り上げられる。
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/41296
〈コメント〉
自主企画(個展・コレクション発表etc…)の情報発信のためにPR TIMESを使っています。プレスリリースを作成する時は、バルーンの写真が映えるので写真を大事に。そしていつどこで何をするのかを明確にするように心がけています。活用して良かったのは、ニュースとして検索で出てくることと、自分の繋がっていないメディアにも情報が拡散できることです。今後は、自主企画のイベントや展示の告知、新しい作品の発表などの時に使わせていただきたいです。

OYOGE 渡辺 真一様

OYOGE 渡辺 真一様
鯛のないたいやき屋”OYOGE"として六本木に店舗をオープン、全国ネット局情報番組やラジオ番組、WEBメディアなど複数媒体で紹介される。
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/54086
〈コメント〉
2020年3月に港区六本木に新規オープンする際、より多くのメディアで取り上げてもらえるようPR TIMES様でプレスリリースを書かせていただきました。私のようなまだ小さな店舗をお客様、メディアに認知していただくにはコツコツと日々の営業を通してマーケティングしていくしかありません。ですが、今回PR TIMES様でプレスリリースを書くことにより新規オープンからの1ヶ月間で大小含め、15社ほどのメディアに取り上げていただき、初月の販売個数1万個と多くの顧客獲得に成功しました。また、リリースを書く度に文章力もブラッシュアップされ、自分自身のパーソナルスキルも向上していると思います。この経験を生かし、今後も期間限定商品の情報発信等、定期的に活用していきたいです。

個人事業主によるプレスリリース発信へのメディアの声

株式会社グライダーアソシエイツ 執行役員 企画局 局長 髙橋 雅和様

個人事業主によるプレスリリース発信へのメディアの声 株式会社グライダーアソシエイツ 執行役員 企画局 局長 髙橋 雅和様

ファッション、グルメ、おでかけ、趣味などのライフスタイル領域の情報に特化してコンテンツをお届けしているキュレーションアプリ「antenna*(アンテナ)」では、毎日の生活をちょっと楽しく、ちょっと充実させてくれる情報は大歓迎です! お店、ガジェット、イベント、サービス…などなど、そこに込められた個人事業主の方々の熱い「思い」「こだわり」こそがコンテンツとなり、antenna* ユーザーたちの心を捉えてくれるはずです。素敵な、熱のこもった情報、お待ちしております。

株式会社 西日本新聞 ファンファン福岡担当 藤田淳一様

株式会社 西日本新聞 ファンファン福岡担当 藤田淳一様
オンラインメディア「ファンファン福岡(fanfunfukuoka)」は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディアです。2016年には福岡都市圏でポスティング型のフリーペーパーを創刊し、現在は紙面とオンラインメディアの両方で日々旬な情報を発信しています。

ファンファン福岡のコンテンツの中でも「新しいお店やサービス」、「お出かけ・イベント」の情報は特に人気があります。リリースからも多くの記事コンテンツを作成し情報発信していますので、ぜひ素敵な情報をお寄せください。

プレスリリース発信をサポートする取り組み

プレスリリースは、自身の事業に関する新しい情報をメディア・生活者に発表するための文書です。個人による発表であっても、事業内容を世の中に発表する公式な文書として、法人の場合同様の抑えるべき書き方のポイントがあります。初めてプレスリリースを発信する際に気を付けることや、より多くの方に届けるためのコツなど、「PR TIMES」を利用する前に、プレスリリースやPRについてお伝えするセミナー「PR TIMESオリエンテーション」を定期開催しています。また、特に個人事業主がプレスリリースを発信する際に注意すべきポイントをまとめた特集記事をWebメディア「PR TIMES MAGAZINE」上で公開します。

PR TIMESオリエンテーション
PR TIMESをより効果的に活用いただく方法やより伝わるプレスリリースの書き方を、事例を含め解説・紹介をしています。過去に発信したプレスリリースの振り返りや、次回以降の情報発信に向けた改善にお役立ていただければと思います。
お申し込み方法:以下URLより日程ごとに、オンラインセミナーの受講申し込みを行ってください。無料でご参加いただけます。

今後の開催日時と申込URL(一部)
5月27日(木) 14時00分~15時00分
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_mYcnXGVUQbujuOTKBNGbJg
6月9日(水) 14時00分~15時00分
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_Wo-PcnvASAqHUYH5whTJFA
6月24日(木) 13時00分~14時00分
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_HJaTKPwmQJGdds0C-40Khg

「PR TIMES MAGAZINE」個人事業主のプレスリリース発信に関する記事の公開
広報 PR のナレッジを発信する Web メディア「PR TIMES MAGAZINE」にて、個人事業主の方がどのようなタイミングでプレスリリースを発信するべきか事例を交えた紹介や、プレスリリース発信の際に注意するべきポイント等について解説する特集記事を掲載していきます。

「個人事業主がプレスリリースで情報を届けるために。事前にチェックしたい4つの注意点と配信機会5選」

#PRTIMESノウハウ
URL:https://prtimes.jp/magazine/how-to-write-for-small-business-owner/

株式会社PR TIMESについて

PR TIMES(ピーアールタイムズ)は、「行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ」をミッションに掲げ、企業とメディア、そして生活者をニュースでつなぐインターネットサービス「PR TIMES」を2007年4月より運営しています。報道機関向けの発表資料(プレスリリース)をメディア記者向けに配信するとともに、「PR TIMES」およびパートナーメディアに掲載し、生活者にも閲覧・シェアされています。利用企業数は2021年2月に5万社を突破、国内上場企業44%超に利用いただいています。情報収集のため会員登録いただくメディア記者2万人超、サイトアクセス数は月間5000万PVを突破、配信プレスリリース件数は月間2万件を超えています。全国紙WEBサイト等含むパートナーメディア201媒体にコンテンツを掲載しています。
クライアントとメディアのパートナーとして広報PR支援を行うPRパートナー事業や、ストーリー配信サービス「PR TIMES STORY」の運営、動画PRサービス「PR TIMES TV」「PR TIMES LIVE」の提供、タスク・プロジェクト管理ツール「Jooto」クラウド情報整理ツール「Tayori」の運営も行っています。

株式会社PR TIMES会社概要

株式会社PR TIMES
ミッション: 行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ
会社名  : 株式会社PR TIMES (東証一部 証券コード:3922)
所在地  : 東京都港区南青山2-27-25ヒューリック南青山ビル3F
設立   : 2005年12月
代表取締役: 山口 拓己
事業内容 :- プレスリリース配信サービス「PR TIMES」(https://prtimes.jp/)の運営
– ストーリー配信サービス「PR TIMES STORY」(https://prtimes.jp/story/)の運営
– 広報・PRの効果測定サービス「Webクリッピング」(https://webclipping.jp/)の運営
– クライアントとメディアのパートナーとして広報・PR支援の実施
– 動画PRサービス「PR TIMES TV」「PR TIMES LIVE」(https://prtimes.jp/tv)の運営
– クラウド情報整理ツール「Tayori」(https://tayori.com/)の運営
– タスク・プロジェクト管理ツール「Jooto」(https://www.jooto.com/)の運営
URL    : https://prtimes.co.jp/

関連リンク

株式会社PR TIMES
個人事業主もPR TIMES利用が可能に|プレスリリースで情報発信を