【日本初】「トラベルテックマップ2020」旅行市場における最新技術活用の新サービスを構造的に可視化

ホテル・旅館向けに客室単価設定ツールやデータ分析ツールを提供するメトロエンジン株式会社(東京都港区、代表取締役:田中良介 https://info.metroengines.jp/)が運営するホテル特化型メディア「HotelBank(ホテルバンク)https://hotelbank.jp/」は、このたび東京オリンピック/パラリンピックが開催を迎え多くの訪日客が見込まれる2020年を展望し旅行市場の最新技術による新サービスを構造的に可視化。国内初の「トラベルテックマップ2020」を無料で公開いたします。

トラベルテックマップ2020概要

ホテル特化型メディア「HotelBank(ホテルバンク)」は、インバウンドとFIT(海外個人旅行)の増加、ダイバーシティ、ミレニアム世代の台頭、高齢化による人手不足とオートメーション化、シェアリングエコノミーとC2C(消費者間取引)など旅行市場における新たなニーズと課題、トレンドの変化を捉えた、最新の技術を活用した新たな着想による新サービスを「トラベルテックマップ」として構造的に可視化し紹介いたします。

業界向けサービス(B2B)として、「予約促進サービス」、「ビックデータ分析ツール」、「ダイナミックプライシング」 、「クラウドファンディング」の主要プレーヤーを抽出。

ゲスト向けサービス(B2C)を、「決済サービス」、「多言語サービス」、「チャットボット」、「IoTサービス」、「荷物預輸送」、「ロボット」、「サイネージ」、「MaaS」、「スマートロック」、「スマートホテル」、「顔認証」に分類。

消費者間取引(C2C)では、「メタサーチ」、「旅行体験マーケットプレイス」、「シェアリング」、「マッチング」を類型化。

無数にある新興のトラベルテックの中から、東京オリンピック/パラリンピックを迎え今後の観光業にとって大きな試金石となる2020年の日本の旅行市場において更なる活躍が期待される130超のサービスを厳選して抽出いたしました。

ホテル事業関係者、旅行業関係者、トラベルテック事業関係者、新規開発への投資家などの皆様が、2020年と今後の技術革新を展望し、自社戦略を俯瞰するための調査検討資料として、お役立ていただくことを期待しております。宜しければぜひご活用ください。

▼トラベルテックマップ 2020(無料ダウンロードはこちらから)
https://hotelbank.jp/traveltecmap-2020/

トラベルテックカオスマップ 2020

■ホテル特化型メディア「HotelBank(ホテルバンク)」とは

HotelBank(ホテルバンク)は、「眠っていたデータから新たな付加価値を」というコンセプトのもとにスタートしたホテル特化型のメディアサイトです。メトロエンジン株式会社が保有するホテル、旅館、ゲストハウス、民泊などの宿泊施設ビックデータを活用しホテル関係者の皆さまに価値あるホテルデータをお届けします。

HotelBank(ホテルバンク)では、日本全国のホテル新設情報やホテル関連サービスの新規導入、海外での最先端のホテル事情、宿泊旅行トレンドなど宿泊施設にかかわる最新のニュースを独自のホテルデータによる分析とともに、日々お送りしています。「トラベルテックマップ 2020」と合わせてぜひご覧ください。

ホテルバンク

メディア名:HotelBank(ホテルバンク)
URL:https://hotelbank.jp

■メトロエンジン株式会社
URL:https://info.metroengines.jp/

【CodeCamp】