SB C&S、ストラテジットとSaaS API連携の推進に向けた協業を開始

KINTOKINTO

SaaSの普及を加速し、お客さまの業務課題解決を支援

SB C&S株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:溝口 泰雄、以下「SB C&S」)は、 SaaS 連携サービスやアプリストアを手掛ける株式会社ストラテジット(本社:東京都千代田区、代表取締役:立原 圭、以下「ストラテジット」)と、SaaS API※連携の実現に向けた協業を開始し、2022年 3 月16 日より提供するSaaS API連携アプリケーションを活用した、API連携開発を支援します。

※「Application Programming Interface」の略で、アプリケーション開発の際に、機能やデータベースを呼び出すためのインターフェースのこと

株式会社ストラテジット

昨今、企業におけるSaaSの導入が加速する中、その利用価値を最大限に高めるため、SaaSで取り扱う各データの同期や自動転送など、SaaS同士による連携の必要性が非常に高まっています。 今回の協業により、SaaS API連携に関する高いノウハウと経験を持つストラテジットとともに、SB C&Sの全国12,000社、43,000拠点の販売網を通じて、日本全国の企業のSaaS API連携開発を支援することで、SaaSの普及・推進とDX(デジタルトランスフォーメーション)を強力に支援していきます。

SaaS API連携サービス

Master Hub(マスターハブ)
Master Hub(マスターハブ)
「Master Hub」は、SaaS API連携に必要なノウハウを集約した開発プラットフォームです。一般的な受託開発に比べ、高品質なシステム連携を半分以下のコストで実現し、安定的に運用することが可能です。

SaaStainer(サーステイナー)
SaaStainer(サーステイナー)
「SaaStainer」は、SaaSの継続的活用を支援するサービスのアプリケーションストアです。掲載されている連携アプリケーションは、SaaS API連携のノウハウがなくても、今すぐ簡単に連携を実現できます。

【お問い合わせ先】
SBBGRP-toiawase_sw@g.softbank.co.jp

株式会社ストラテジット 代表取締役 立原 圭氏からのエンドースメント

この度の協業はSB C&Sの販売力にストラテジットの強みであるSaaSに合わせた業務設計支援、APIを用いたシステム連携の技術力を組み合わせることでSaaSの普及を加速する画期的な組み合わせであると確信しています。SaaSユーザーさまには協業により生み出された成果を「連携アプリストアSaaStainer」に掲載して提供いたします。SaaSベンダーさまには販売力×技術力で事業成長を支援いたします。ITパートナーさまには価値ある商材を取り扱っていただくことでビジネスモデルの強化に貢献します。SaaSが広まるからこそ発生する課題に真摯に取り組み、 SB C&Sとともに SaaSに関わるあらゆる皆さまを支援して参ります。

株式会社ストラテジットについて

SaaSの普及・推進の課題となる穴を埋める存在として、SaaSのAPI連携により業務課題解決とお客さまへの価値提供のご支援が可能です。ストラテジットには、ソリューションを理解し、お客さまの業務改善・サービス向上を目指し、企画・設計・開発・運用まで担うことが出来るノウハウと実績がございます。詳細はこちら(https://strategit.jp/)をご覧ください。

● SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
● その他、このお知らせに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

関連情報

SB C&S株式会社