自社ECサイトの5つのメリット・3つのデメリット!立ち上げ方も紹介!

「自社・個人でECサイトを立ち上げた際のメリット・デメリットを知りたい」
「ECサイトは簡単に立ち上げられるの?」
「おすすめの決済代行サービスは?」

上記のような疑問・悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、自社ECサイトの5つのメリットと3つのデメリット、自社ECサイトの立ち上げ方などを分かりやすく解説しています。

この記事を読むことで、ECサイトに対するハードルが低くなることでしょう。ぜひとも参考にしていただければ幸いです。

KINTOKINTO

そもそもECサイトって?

KOMOJU、そもそもECサイトって?

ECサイトとは、インターネット上で買い物ができるWebサイトを指します。ECは電子商取引(Electric Commerce)の略です。

ネット上でショッピングできるサイトは全て「ECサイト」と言えます。大手のAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどもECサイトです。

ECサイトの種類は大きく分けて2種類

KOMOJU、ECサイトの種類は大きく分けて2種類

ECサイトの種類は大きく分けて下記の2つです。

  • 自社ECサイト
  • モールEC

それぞれの特徴を説明していきましょう。

自社ECサイト

自社ECサイトとは、自社で運営するECサイトのことです。ECサイトの立ち上げから運用、カスタマイズまで全てを自社でおこないます。

比較的自由に作れるのがメリットでもありますが、手間がかかるのがデメリットでもあります。また1から集客をしなければならないため、最初は全く商品が売れないと思っておいた方が良いでしょう。

モールEC

モールECとは、色々な店舗が参加しているオンライン版のショッピングモールです。モールECで有名なのは楽天市場やAmazonです。

有名なショッピングモールに出店すれば、集客力があるため、最初から一定の売上が望めます。ただし手数料や月額費用といった維持コストも、それなりにかかるのがデメリットです。

自社ECサイトのメリット5つ

KOMOJU、自社ECサイトのメリット5つ

自社ECサイトのメリットは下記の5つです。1つずつ解説していきます。

  1. 国内のどこからでも購入できる
  2. 24時間365日商品を販売できる
  3. 顧客データを活用できる
  4. ビジネスの規模を世界に広げることも可能
  5. 決済代行サービスを導入すれば決済手段が増える

①国内のどこからでも購入できる

ECサイトはネット上に店舗を構える形になるので、ネットにアクセスできれば全国のどこからでも購入できます。

実店舗であれば購入できるユーザーは限られていますが、ECサイトは一気に全国へ商圏を広げられるのです。ECサイトは、リピーターを一気に増やせる可能性を秘めています。

②24時間365日商品を販売できる

ECサイトは人手が必要ないので、24時間365日販売できます。注文はシステムが受け付けてくれるため、時間帯を問わず購入できるのが強みでもあります。

特に夜型の人は深夜にECサイトで商品を注文することも多く、新たな顧客を獲得できる可能性もあるでしょう。

③顧客データを活用できる

自社ECサイトで会員登録をしてもらえれば、そのデータをマーケティングなどに活用することも可能です。

年齢や性別・都道府県といった個人データが取得できるため、そのデータを活かし、商品開発やプロモーションにも活用できるでしょう。

④ビジネスの規模を世界に広げることも可能

自社ECサイトを運用し、商圏を海外に広げる(越境EC)ことで、全世界をマーケット対象にもできます。自社ECサイトの表記を外国語対応させるだけで、世界中をマーケット対象にできるでしょう。

商圏を世界に広げることは、大きなビジネスチャンスでもあります。ネット上にあるECサイトだからこそ、簡単に商圏を世界中に広げられるのです。

⑤決済代行サービスを導入すれば決済手段が増える

自社ECサイトに決済代行サービスを導入すれば、一気に決済手段を増やせます。近年はクレジットカードやコンビニ払いだけでなく、スマホ決済やPaidyといった後払い決済も普及しています。

決済手段が豊富なだけで、売上をアップさせやすくなるでしょう。

特に決済代行サービスの「KOMOJU」は、クレジットカードやコンビニ払いといった旧来の決済だけでなく、スマホ決済やPaidyといった最新の決済手段も取り揃えています。

気になる方は、下記のURLをぜひとも参考にしてください。

ペイディ決済の導入|KOMOJU

自社ECサイトのデメリット3つ

KOMOJU、自社ECサイトのデメリット3つ

自社ECサイトのデメリットは下記の3つです。
1つずつ解説していきます。

  1. 集客が難しい
  2. 競争が激しい
  3. 商品の魅力を伝えにくい

①集客が難しい

インターネットには無数のECサイトが存在しており、集客が一番のハードルと言っても過言ではありません。

特に1からサイトを立ち上げる場合、無人島にポツンと店を出すようなもので、そこからアクセスを集めるのは大変です。集客が最初の壁となるでしょう。

②競争が激しい

インターネット上には競合他社のECサイトも多くあり、どの分野でも競争が激しくなっています。

特にモールECは価格競争に巻き込まれやすく、値下げ合戦の消耗戦になっているECサイトも少なくありません。「価格」ではなく「価値」で勝負することを意識しましょう。

③商品の魅力を伝えにくい

ECサイトは実物の商品を見たり触ったりできないので、商品の魅力がユーザーに伝わりにくいです。その結果、「一番価格が安いとこでいいや」と価格優先で決めてしまうユーザーも少なくありません。

ネット上であっても、商品ページなどで商品の良さが伝わるように工夫することが大切です。

自社ECサイトの立ち上げは簡単5ステップで出来る!

KOMOJU、自社ECサイトの立ち上げは簡単5ステップで出来る!
ここからは、自社ECサイトを立ち上げるまでの流れを紹介していきます。自社ECサイトは簡単5ステップで作れます。

  1. ECプラットフォームの選定
  2. 決済代行サービスの導入
  3. ECサイトの設計・デザイン
  4. 商品登録などの設定
  5. ECショップをオープンする

①ECプラットフォームの選定

まずは利用するECプラットフォームを選びましょう。プラットフォームには「自社EC」か「モールEC」のどちらかを選べます。

自社ECの場合、「WooCommerce」がおすすめです。「WooCommerce」はワードプレスのプラグインとして開発されたプラットフォームであり、世界でも屈指の人気を誇ります。
導入も無料で自由度も高いため、利便性に優れたECプラットフォームです。

②決済代行サービスの導入

ECプラットフォームを決めたら、次に決済代行サービスを導入しましょう。決済手段の豊富さは事業の明暗を分けると言っても過言ではありません。

おすすめの決済代行サービスは、豊富な決済手段を兼ね揃える「KOMOJU」です。プラットフォームで「WooCommerce」を導入した場合、簡単に「KOMOJU」へ連携させられます。

詳しくは下記のURLを参考にしてください。

WooCommerceストアに決済手段を導入する|決済代行のKOMOJU

③ECサイトの設計・デザイン

次にECサイトの設計やデザインをしましょう。最初はそんなに力を入れなくても良いですが、ユーザー第一で考えることが大切です。

また、選んだプラットフォームで自由度も異なってくるため、留意しておきましょう。

④商品登録などの設定

ECサイトの設計まで完了したら、販売する商品をシステムに登録しましょう。実際に注文できるかのテスト注文も、同時にしておくことをおすすめします。

⑤ECショップをオープンする

➀〜④が全て完了したら、ECショップをオープンさせましょう。最初は色々こだわりすぎず、まずはとにかくオープンさせることが大切です。

「Googleアナリティクス」といったツールを用いて、問題点を把握し、サイトを改善させていくと良いでしょう。

まとめ

この記事では、自社ECサイトの5つのメリットと3つのデメリット、自社ECサイトの立ち上げ方などを分かりやすく解説しました。

自社ECサイトの立ち上げにあたり、まずはオープンさせることが重要です。そもそもオープンさせないと何も始まりません。運用しながら徐々にサイトを改善していけば大丈夫です。

この記事が少しでも参考になったなら幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。