シンカ、テレワーク時の電話対応を支援する「カイクラ テレワークソリューション」を販売開始

株式会社シンカ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:江尻高宏)は、顧客接点クラウド「カイクラ」のテレワークサポートバージョン「カイクラ テレワークソリューション」を販売開始しました。「カイクラ テレワークソリューション」は、テレワーク時の会社代表電話対応の課題を解決し、「社内外コミュニケーションとビジネスを止めない」ためのパッケージです。

■テレワーク時の会社代表電話対応の課題

コロナ禍によるテレワーク実施中、在宅勤務の社員が会社支給携帯で会社代表電話に対応するケースが増えていますが、在宅での電話対応には、以下のような課題があります。

1.固定電話番号が変わってしまう

携帯を内線化するクラウドPBXには、今使っている電話番号を変更する必要がある(例:03から始まる番号→050から始まる別の番号)場合があります。対外的に知られており、またよく使われている番号をテレワークのために変更するのが難しいという声をよく耳にします。

2.誰からかわからない電話を自宅で取るのがストレスフル

会社代表電話に電話を掛けてくる相手はさまざま。顧客だけではなく、営業電話などもあります。転送サービスやクラウドPBXを利用して携帯電話対応が可能になった場合でも、誰からかわからない電話に自宅でいきなりひとり対応するのはかなりのストレスとなります。

3.自社の誰がどのように電話対応したのかがわからない

同じオフィスにいるときなら電話対応内容がすぐ伝わっても、テレワークで離れた場所にいると、他の社員に電話対応履歴が伝わりにくい状態となります。先方からさらに電話があり、継続しての対応を求められても、前回対応した内容を把握していないと、同じ内容を聞き直す手間が増加するばかりか、クレームにもつながりかねません。

■カイクラ テレワークソリューションとは

顧客接点クラウド「カイクラ」は、電話着信時に顧客情報・対応履歴情報をPCなどの画面に表示し、電話対応をサポートするシステムです。そのカイクラに「会社代表電話を自宅で直接取れる」VPNあるいはクラウドPBXシステム、ビジネスコミュニケーションをサポートするChatworkをパッケージしたのが「カイクラ テレワークソリューション」です。

テレワークを導入したいが、テレワーク時の電話対応についての課題をどう乗り越えるか、お悩みの企業に対し、環境やご要望に応じてラインナップの中から費用対効果の高いベストな選択をワンストップでご提供いたします。

カイクラ テレワークソリューション

シンカは今後も新型コロナウイルス感染症の拡大抑止に対し、顧客接点を強化する側面から支援してまいります。

■顧客接点クラウド「カイクラ」とは

顧客接点クラウド「カイクラ」とは

固定電話の着信時にパソコンやタブレット、スマートフォンに顧客情報や対応履歴が表示される「カイクラ」は、社内で着信・顧客情報を共有することで、電話対応の負担を削減し、業務効率をアップします。属人対応をなくし、どの社員でもコミュニケーションの経緯を把握した上での対応ができるようになるため、顧客満足度アップにもつながります。また、SMS送信・管理機能、通話録音・テキスト化機能など、顧客接点を強化する機能も付属しています。

「カイクラ」は2014年8月のサービス開始以来、導入100業種・業態以上、1,400社、2,000拠点以上で利用されています。2015年12月にNTT東日本正式受託商品として認定され、2016年2月に第8回千代田ビジネス大賞特別賞を受賞、2018年11月には世界発信コンペティション2018においてサービス部門特別賞を受賞。

顧客接点クラウド「カイクラ」公式サイト https://kaiwa.cloud/

【株式会社シンカについて】

設立:2014年1月8日
本社:〒163-0237 東京都新宿区西新宿2丁目6-1 新宿住友ビル37F
大阪事業所:〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原5-1-28 新大阪八千代ビル別館3階
資本金:977,942千円(資本準備金を含む)
従業員数:45名

事業内容:ITを活用したシステム企画・開発及び運用
クラウドサービス商品の企画・開発及び販売、運用
ITサービス利用のコンサルティング
コーポレートサイト:https://www.thinca.co.jp/
カイクラ.mag: https://kaiwa.cloud/media/

■シンカ、テレワーク時の電話対応を支援する「カイクラ テレワークソリューション」を販売開始
URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000016795.html


の直前に貼り付けてください。 -->