「Stay Home」でガーデニング市場に大きな変化 海外では注文数が昨年比8倍の商品も

ガーデンライフスタイルメーカーである株式会社タカショー(本社:和歌山県海南市 代表取締役社長:高岡伸夫 東証一部:7590)のガーデン&ライフスタイル専門編集プロダクション事業を担う株式会社3and garden(本社:東京都港区西麻布 代表取締役社長:十河香理)が運営するガーデン・エクステリア専門Webマガジン『ガーデンストーリー』では、新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な感染拡大に伴い「Stay Home」が求められる昨今における、海外でのガーデニング需要増加の実態に関する記事を2020年4月11日(土)に公開いたしました。
(https://gardenstory.jp/events-news/41847)

株式会社タカショー ガーデンストーリー
ガーデンストーリー トップページ イメージ

「今こそ暮らしを変えよう!“Stay Home”により海外で人気急上昇中のガーデニング」と題した記事では、海外に6拠点の販売子会社・営業所を持つ株式会社タカショーで海外での製造・販売・流通を取りまとめる海外事業戦略室室長の内海良平に、海外のガーデニング事業についてインタビューした内容を掲載しています。

◆記事概要

(1)ロックダウン(都市封鎖)下で注目され始めた「ガーデニング」

ロックダウン(都市封鎖)されたニューヨークなど、海外の都市では、家で過ごす時間が増えた中で、掃除や片付けを終えたあとの次の作業として、ガーデニングに目を向ける人が急増中。オーストラリアでは、ガーデニング関連商品の1日の注文件数が4倍に、イギリスでは、野菜やハーブを育てる大型コンテナの「ベジトラグ」シリーズが、2019年同時期と比べて8倍もの注文を受けています。

株式会社タカショー ガーデンストーリー
家庭菜園を手軽に始めることができるイギリス発祥の木製コンテナ、「ベジトラグ」シリーズ イメージ

(2)スーパーでの苗購入や、ネット通販での支柱類・プランター購入が増加

ガーデンセンターの営業が停止された海外の地域では、スーパーに並ぶ苗やタネの売れ行きが好調です。背景には、スーパーに行く回数が限定されたり、入店の人数制限がある中で、自宅で野菜を育てようとする人が増えていることが考えられます。
また、通販でのオベリスクやトレリス、プランターやハンギングバスケットなど、ガーデニングアイテムの売上も伸びている実態から、庭仕事に楽しみを見出そうとする人の増加がうかがえます。

(3)「おうちで外時間」の充実を

日本でも外出自粛が求められる中、通信販売による苗の注文や庭のつくり替え、メンテナンスなどの注文も増えてきています。これから多くの時間を過ごすことになる自宅の暮らしを、ガーデニングを取り入れることでアップデートしてみてはいかがでしょうか。

▼記事はこちらからご覧いただけます。
「今こそ暮らしを変えよう!“Stay Home”により海外で人気急上昇中のガーデニング」
https://gardenstory.jp/events-news/41847

◆『ガーデンストーリー』について

https://gardenstory.jp
ガーデン・エクステリア専門Webマガジン『ガーデンストーリー』では、さまざまな植物情報やガーデニングハウツー、庭やエクステリアのアイデアや事例、ハーブや果実を使ったレシピなど、業界の専門家が監修した多彩なコンテンを毎日配信。掲載記事総数は2,000記事を超え、月間約150万人の方にご利用いただいております。

<<株式会社タカショー 会社概要>>
◆営業本部所在地:
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-9 KDX御茶ノ水ビル2F
◆本社所在地:
〒642-0017 和歌山県海南市南赤坂20−1
◆事業内容:
・環境エクステリア(インドア及びアウトドア庭園、緑化)に関する製品の企画開発
・ガーデン用品の輸出入販売
・エクステリア商品のソフトウェア開発販売
・CAD、C.G.ソフトウェアの提供及び処理業務
◆ビジョン:
常に変化を先取りして新たな価値を創造し、広く都市環境庭文化に貢献するグローバルな
オンリーワン企業を目指します。
◆ホームページ:https://takasho.co.jp/

<<株式会社3and garden 会社概要>>
◆所在地:
〒106-0031 東京都港区西麻布4-22-8 麻布ポイント302
◆事業内容:
・Webメディアや紙媒体(雑誌・書籍)などの企画・制作・運営
・写真貸し出し及び販売
・カレンダーやグッズなどの制作
・自費出版本編集及び制作
・講演会・セミナー開催
◆ホームページ:https://3andgarden.com

■「Stay Home」でガーデニング市場に大きな変化!海外では注文数が昨年比8倍の商品も
URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000041.000018286.html