世界初、スマホとつながるスマートマスク「C-FACE」クラウドファンディング「Makuake」で予約販売スタート

スマートマスク「C-FACE」

「ニューヨーク タイムズ紙に特集された製品」

小型ロボット開発のベンチャー企業・ドーナッツ ロボティクス社(以下、ドーナッツ社)は、ソーシャルディスタンスを保つ生活に役立つスマートマスク「C-FACE」の初回出荷分の予約を「8月13日から、Makuakeで受付を開始する。」と発表。

https://www.makuake.com/project/c-face/

C-FACEは、スマホの専用アプリとの連動で、翻訳・議事録などが可能な、マスク型コミュニケーション デバイス。(特許申請中)

5月の発表 以降、日本のメディアだけでなく、ニューヨーク タイムズ紙、CNNニュース、BBCニュース、フォーブス、ブルームバーグなどから特集され、35ヵ国からのオーダーが殺到するなど注目が集まっている。ある会社からは、1社だけで1万台ものオーダーがあるという。

スマートマスク「C-FACE」

「様々な場面での活用に期待」

C-FACEは、一般のマスクに取り付けて使用する。専用アプリをダウンロードすると「翻訳」「議事録作成」「10m先のスマホに声を届ける」などの機能が、マスクをしたまま使える。

企業やレジでの受付、社内会議での議事録 作成、アプリのアップデートで、簡単なオンラインミーティングやオンライン診療も可能になっていくと言う。

スマートマスク「C-FACE」

「社会的意義」

世界中の人々がソーシャルディスタンスを保った生活を強いられる中、特に不特定多数の患者さんを診察する医療従事者がC-FACEを使えば、飛沫フィルター越しに より距離をとっての診察や外国人への診察時の翻訳などが可能になる。

製品が完成次第、問い合わせいただいている医療機関へ、100台ほどの寄付を予定しているとの事。

スマートマスク「C-FACE」

「価格は、驚きの4373円(税抜3980円)」

発表されたC-FACEの価格は、税込み4373円。音声をスマホに届けるのは無料だが、翻訳や議事録作成の機能には、それぞれアプリの月額費用がかかる。

Makuakeでは、本体価格の早期 購入、複数台 購入には、さらに割引もあると言う。

「37分間で2800万円のスピード調達」

ドーナッツ社は、直近の5月と7月に株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」での資金調達を実施。2800万円(37分間)、5432万円(3日間)の合計8232万円が集まっている。調達資金で、金型製造やソフトウェア開発に充ていくという。

スマートマスク「C-FACE」

「大企業からの支援を発表」

社員数 数名のドーナッツ社は、7月に三井住友海上からの支援を発表。ハードウェアの故障やデータ漏洩に対応する「スマートマスク保険」の創出を予定している。

ドーナッツ社の小野CEOは「日本を代表する大手企業との取り組みで、ユーザー様には より安全・安心に ご利用いただけるサービスに育てていきたい。」と語る。

商品詳細はこちら

https://www.makuake.com/project/c-face/

スマートマスク紹介動画はこちら

■​ベンチャー企業が開発した、世界初の スマホと つながるスマートマスク「C-FACE」が 8月13日(木)11:00〜、クラウドファンディング「Makuake」で予約販売スタート。


の直前に貼り付けてください。 -->