【PR】

AnyMind Group、大規模言語モデル(LLM)を活用したプロダクト開発を推進する「AnyMind LLM Lab」を開設

【PR】

ChatGPT等を活用したクライアント向けEC・マーケティング支援サービスも提供開始

AnyMind Group株式会社(読み:エニーマインドグループ、代表取締役CEO:十河 宏輔、以下「当社」)は、大規模言語モデル(LLM)関連技術を活用し、当社が提供するECマネジメントプラットフォーム「AnyX」やインフルエンサーマーケティングプラットフォーム「AnyTag」などへの実装を推進する「AnyMind LLM Lab」を開設いたしました。

「AnyMind LLM Lab」では、当社が保有するインフルエンサーマーケティング、オンライン広告、ECサイト・モール、物流などに関するデータと、大規模言語モデル(LLM)の技術を掛け合わせた当社の機能及び提供価値向上を図ります。また、AnyMind LLM Lab開設と合わせて、ChatGPT等を活用したクライアント向けサービス提供も順次開始してまいります。

AnyMind LLM Lab

「AnyMind LLM Lab」設立の背景

昨今、LLM関連技術は急激な進化を続けており、OpenAI社が開発する大規模言語モデルを用いた高度な対話型AI「ChatGPT」の提供開始及び「GPT-4」の公開、生成AI(Generative AI)サービスの台頭により、言語理解、文章生成、質問応答、翻訳など、様々な分野で注目を集めております。

一方、当社はこれまでアジア13ヵ国・地域19拠点において、EC・マーケティング領域を中心に1,000社以上の支援を行ってまいりました。また、インフルエンサーマーケティングプラットフォーム「AnyTag」では現在、アジアを中心に世界54万人以上のインフルエンサーにアクセスすることが可能となっております。また、当社は以前より当社が開発・提供する各プラットフォームにおいて、LLM技術の実装を推進しており、ChatGPTの機能活用により、各機能は大きく改善・進化すると考えております。

この度、開設した「AnyMind LLM Lab」では、当社が保有するインフルエンサーマーケティング、オンライン広告、ECサイト・モール、物流などに関するデータを、迅速かつ柔軟に活用していくことで、提供価値向上を目指します。

なお本取り組みにおいては、顧客情報や情報の機密性に配慮した形での運用を行う予定となっており、最新の動向とリスク対応策を踏まえた上で取り組みを推進してまいります。

AnyMind LLM Lab 活動概要

本取り組みの社会実装に向けては下記のような活用を想定しており、今後サービスとしてクライアントさま向けに提供していく予定となっております。共同の取り組みに興味がございましたら、是非お気軽にお声がけください。

———-
・AnyMind Groupが展開する各プラットフォームへのLLMの導入・検証
・LLMを活用した新規事業・プロダクト開発機会の模索
・自社ECサイト・ECモールにおける販売・出荷などの各種データとの連携による、売上収益最大化及び限界利益最大化に向けた機会の検討
・各プラットフォームと連携した、新規顧客獲得の効率化及びLTVの最大化
・テキストと画像の取り込みによる、各SNSプラットフォームデータとの連携、分析、データ活用の模索(予定) 等
———-

<例:EC展開商品の販売促進に向けた活用>
AnyMind LLM Lab EC展開商品の販売促進に向けた活用
①展開商品の購買情報及びSNSでの口コミデータを「AnyX」及び「AnyTag」にて抽出

②ChatGPTの活用により、ユーザーの購買行動・口コミの傾向を割り出し、グルーピングを実施

③下記アウトプット及びマーケティング施策改善に活用

・デザイン・価格・機能など、複数の訴求軸からのポイント割り出しによるマーケティングプラン策定
・オンライン・SNS広告クリエイティブの制作・文言策定への活用
・抽出データと当社実績データを元にした最適なインフルエンサーの選定・キャスティング
・抽出データと当社知見を元にした動画広告向けシナリオ制作
・抽出データと当社実績・知見を元にした、効果的なSNS投稿内容の導出

<今後活用・技術実装を行う予定の当社プラットフォーム>
・ECマネジメントプラットフォーム「AnyX」
・会話型コマースプラットフォーム「AnyChat」
・インフルエンサーマーケティングプラットフォーム「AnyTag」
AnyMind LLM Lab
※他プラットフォームにおいても、順次LLM技術の活用を推進予定

Managing Director of Product Development 竹本 龍司のコメント

当社は創業当初よりLLM技術の実装を模索・推進してきましたが、マルチモーダルを初め、今後さらに柔軟な活用ができると予想されるGPT-4は、当社の事業領域及び保有しているデータなどとの相性は非常に良いと考えています。

当社はアジアを中心として、EC・マーケティング領域を中心とした幅広いデータを蓄積しているため、LLMの理解及び活用を進めることで、各クライアントに向けて、非常に大きなインパクトを生み出すことができると考えています。本取り組みでは4拠点にまたがる当社開発チーム内での連携を強め、提供価値拡大を図ってまいります。

■ECマネジメントプラットフォーム「AnyX」
「AnyX」はECモールや自社ECサイトなど、複数の販売チャネルを一元管理することで、EC運営を支えるECマネジメントプラットフォームです。業務効率化×データ活用、豊富な実績を元にした運用支援、各国・市場のローカルの知見を生かした越境展開・海外販売まで、EC事業の成長に向けた幅広いソリューションを提供します。

URL:https://anymindgroup.com/ja/products/anyx/

■ 会話型コマースプラットフォーム「AnyChat」
AnyChatはリアルタイムでのチャットによる接客体験やカスタマーサポート機能を提供する会話型コマースプラットフォームです。ECサイトとの連携による購買や商品発送をトリガーにした配信のほか、購買に関するデータの収集、分析、活用を通して顧客体験価値を最大化します。

URL:https://anychat.tech/ja/

■インフルエンサーマーケティングプラットフォーム「AnyTag」
AnyTagはインサイト分析を元にしたインフルエンサー選定・キャスティング、キャンペーン実施時のインサイト分析・投稿のリアルタイムレポートなどのサービスを提供しているほか、クライアントのSNSアカウントと連携することで、企業向けSNS運用管理ツールとしてもご利用いただけるインフルエンサーマーケティングプラットフォームです。また、これらの機能が1つのプラットフォーム上で管理できるため、蓄積したデータをシームレスに活用していくことが可能です。AnyTagは2022年12月末時点で世界45以上の国・地域から54万人以上のインフルエンサーへのアクセスが可能となっています。

URL:https://anytag.tech/ja/

AnyMind Groupについて

会社名 :AnyMind Group株式会社
設立   :2016年4月
URL   :https://anymindgroup.com/ja/
所在地 :東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー31F
代表者 :代表取締役CEO 十河 宏輔
拠点 :日本(東京・佐賀)、シンガポール、タイ(バンコク:2拠点)、ベトナム(ホーチミン・ハノイ)、インド(ムンバイ・デリー・バンガロール)、インドネシア、フィリピン、台湾、香港、マレーシア、カンボジア、アラブ首長国連邦、上海、深セン

事業概要:
​​ブランドコマース事業
ブランド企業及びインフルエンサー・クリエイターなどの個人向けに、EC及びD2C領域を中心としたブランドの設計・企画から、生産管理、ECサイトの構築・運用、マーケティング、物流管理をワンストップで支援するプラットフォームを開発・提供しています。

パートナーグロース事業
Webメディアやアプリを運営するパブリッシャーとクリエイター向けに、自社プラットフォームを活用した収益化及びブランド成長に向けた支援サービスを提供しています。

【PR】