オープンエイト、動画自動生成API「V-matic Powered by Video BRAIN」をリリース 1本あたり数百円から動画を完全自動で生成が可能に

KINTOKINTO

1本あたり数百円から動画を完全自動で生成でき、量産ニーズに対応 第一弾としてじげんが運営する賃貸情報サービス「賃貸スモッカ」での導入が決定

株式会社オープンエイト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:髙松雄康、以下オープンエイト)は、人的な編集作業を一切必要とせず、完全自動で動画を生成できるサービス「V-matic Powered by Video BRAIN」をリリースしました。V-matic(ブイマティック)は、約600社の導入実績を持つビジネス動画編集クラウド「Video BRAIN」の動画編集機能を応用し、動画を構成する静止画や動画などの素材群とテキストデータ、音源ファイル等を組み合わせサーバー上で動画を自動生成するサービスです。生成された動画はAPI経由で取得することができ、オウンドメディア等で利用することができます。また、動画配信タグにも対応しており、ECサイト等のCMS(コンテンツ管理システム)へタグを設置することで、自社サイトに動画プレイヤーが実装され、動画を配信することが可能です。

V-maticは、数千数万もの動画をごく短時間で生成することができるため、大量の商品を取り扱うECサイトや、情報サービスなどでの量産ニーズに対応します。なお、第一弾として、株式会社じげん(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員CEO:平尾丈、東証一部:3679、以下じげん)が運営する賃貸情報サービス「賃貸スモッカ」(以下:スモッカ)https://smocca.jp/ において導入され、エリアやこだわり条件などで検索される賃貸物件情報を自動で動画化しサイトコンテンツとして掲出する取り組みを開始しました。

V-matic Powered by Video BRAIN

スモッカとの取り組み概要

大手賃貸サイトの情報をまとめて一括検索できスモッカは、エリアや間取りなどの基本条件に加えて「防音」や「ペット可」など人気のこだわり条件を複数組み合わせ、500万件もの物件情報の中から望み通りの物件を探すことができる国内最大級の賃貸情報サービスです。
今回の取り組みでは、ユーザーニーズにマッチする複数の物件情報を30秒程度のまとめ動画として表示することで、動画を視聴するだけで物件特性を端的に把握して簡単に見比べることができるようになります。なお、気になる物件の詳細情報はまとめ動画のすぐ下に一覧表示されているので、ワンタップで確認することができます。これにより、ユーザビリティの向上をはじめ、副次的にサイト全体のSEO 効果の向上が期待されています。

取り組み背景

スモッカでは北海道から沖縄まで500 万件もの物件情報が毎日更新され、エリアとこだわり条件を掛け合わせた一覧ページに来訪ユーザーが集中しています。エリアとこだわり条件の掛け合わせは数万にも及び、個々のページに合わせてカスタマイズされた動画を作成するのはコストと工数のいずれの面からも困難でした。

オープンエイトが提供する自動動画生成サービス「V-matic Powered by Video BRAIN」の導入により、条件に合致する物件の名称や写真素材を組み合わせサーバー上で動画コンテンツにすることが可能であり、人為的な動画作成の工程が不要であるため、動画コンテンツを更新頻度高くユーザーに提供できるようになりました。

スモッカでの実装イメージ

株式会社じげん 会社概要

[社名]株式会社じげん (ZIGExN Co., Ltd.)
[証券コード]3679 (東証プライム)
[本社所在地]東京都港区虎ノ門3-4-8
[設立年月日]2006 年6 月1 日
[代表者]代表取締役 社長執行役員 CEO 平尾丈
[資本金]2,552 百万円(連結)
[事業内容]ライフサービスプラットフォーム事業
[主要グループ会社] 株式会社リジョブ 株式会社ミラクス 株式会社三光アド 株式会社BizMo 株式会社ブレイン・ラボ 株式会社アップルワールド 株式会社TCV ZIGExN VeNtura Co.,Ltd 株式会社にじげん
[URL]https://zigexn.co.jp/

オープンエイト会社概要

オープンエイトは、自然言語処理とコンピュータービジョンを中心とする独自のAI技術を開発し、アルゴリズム・ソフトウェアモジュール群からなる “OPEN8 CORE TECHNOLOGY" を保有するコンテンツテクノロジーカンパニーです。「AI × SaaSであらゆる企業の情報流通戦略の成長ドライバーとなる」ことをコンセプトに、動画広告事業及び動画メディア事業で培った動画コンテンツ制作・配信ノウハウと、AI技術を組み合わせて開発したビジネス動画クラウド「Video BRAIN」(ビデオブレイン)やSNS投稿・分析サービス「Insight BRAIN」(インサイトブレイン)、そして動画自動生成機能などのAPI提供を通じて企業による情報発信の支援を行っており、2019年には米 Red Herring社がアジアにおける革新的なベンチャー企業に贈る「2019 Red Herring Top 100 Asia Winner」を受賞しています。

関連情報

株式会社オープンエイト
オープンエイト、動画自動生成API「V-matic Powered by Video BRAIN」をリリース1本あたり数百円から動画を完全自動で生成でき、量産ニーズに対応