ドーモ、新型コロナウイルス感染症ダッシュボード日本版を公開

~独自の視点でデータを収集、分析、可視化して日本企業に情報提供~

ドーモ株式会社は、日本企業向けに新型コロナウイルス感染症(COVID-19)国内外の感染状況データを分かりやすく開示し、適切な行動に繋ぐために、Domo 新型コロナウイルス感染症ダッシュボード日本版 (https://www.domo.com/jp/coronavirus-dashboard) を公開します。

ドーモ、新型コロナウイルス感染症ダッシュボード日本版

ドーモ株式会社(代表取締役社長:萩野武志、本社:東京都渋谷区、以下ドーモ)は本日、日本企業向けに新型コロナウイルス感染症(COVID-19)国内外の感染状況データを分かりやすく開示し、適切な行動に繋ぐために、Domo 新型コロナウイルス感染症ダッシュボード日本版 (https://www.domo.com/jp/coronavirus-dashboard) を公開すると発表しました。

公開の背景

世界中で新型コロナウイルス感染症が拡大していく中で、米国本社は、最新データに基づき適切な判断ができるようにCoronavirus(COVID-19)Global Tracker (https://www.domo.com/covid19/daily-pulse) をいち早く公開しています。

加えて、日本独自に新型コロナウイルス関連情報を収集、分析、可視化して、国内外の状況をより分かりやすく、迅速に公開します。この情報は誰でも、どのようなデバイスからでもアクセスできます。さらに、各自の知りたい条件で簡単に絞り込みができるので、それぞれの課題に合わせた可視化ができます。これらの最新情報により、企業のリスク管理や安全対策など、適切なアクションにつながることを期待しています。

ドーモの代表取締役社長である萩野武志は、次のように述べています。『カスタマー企業の中には、Domo COVID-19ダッシュボードと企業の独自データを組み合わせて、このような危機的な状況下においても迅速にアクションを取っています。誰でも簡単にアクセスできるデータを公開することにより、多くの人々の行動判断に役立つことを願っています。ドーモは今後もデータ活用を通じて日本企業を支援しています。』

【Domo新型コロナウイルス感染症ダッシュボード日本版について】

公開URL:https://www.domo.com/jp/coronavirus-dashboard

データソース:厚生労働省公表データ、ジャッグジャパン株式会社「都道府県別新型コロナウイルス感染者数マップ」、ECDC(European Centre for Disease Prevention and Control)公表データ、Worldmeter

データ更新終了予定日:2020年5月31日

Domoについて

Domoは企業向けクラウドサービスです。クラウド型BI(ビジネスインテリジェンス)を駆使し、事業規模を問わず、あらゆる企業の価値を最短で向上させます。Domoは、数週間、数か月以上要していたBIに必要なプロセスを、瞬時に完成させます。Domoはお客様のビジネスが速く、大きく、そして確実に成長するソリューションです。

ウェブサイト:https://www.domo.com/jp
Twitter:https://twitter.com/domojapan
Facebook:https://www.facebook.com/DomoJapan/

DomoはDomo, Inc.の登録商標です。

■ドーモ、新型コロナウイルス感染症ダッシュボード日本版を公開
URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000041.000026007.html