フューチャースタンダード、三密・手洗い・換気を感知!AI・IoTを活用した新型コロナウイルス対策サービスを順次提供開始

映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」を運営する株式会社フューチャースタンダード(本社:東京都文京区、代表取締役:鳥海哲史 以下、フューチャースタンダード)は、新型コロナウイルス(COVID-19)に対する企業のBCP(事業継続計画)対策として、AIやIoTを活用した新型コロナウイルス対策サービス「手洗い・消毒記録サービス」「換気状態検知サービス」「密集度検出ソリューション」の提供を5月より順次開始します。これらサービスは、SCORERプラットフォームで開発実績のあるものをベースに修正開発をするため、早期に導入が可能になります。

■ 手洗い・消毒記録サービス(5月中に提供を開始予定)

新型コロナウイルスの感染防止において手洗いや消毒の重要性は広く知られていますが、食品工場や医療現場などにおいて実際に従業員の手洗いや消毒の頻度を把握することは困難です。そこで本サービスでは、顔認証用の小型カメラと手洗いエリアを撮影するカメラを設置し、映像解析AI「SCORER」を活用した顔認証技術や骨格分析などを組み合わせることで、個人を特定した上で誰がいつ手洗い・消毒を実施したかを自動で記録に残すことが可能になります。

映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」手洗い・消毒記録サービス

■ 換気状態検知サービス(5月中に提供を開始予定)

新型コロナウイルスは閉鎖空間で浮遊することがあるため、定期的な換気による三密行動の一つである密室を避けることが効果的ですが、換気の時期を定量的に把握することは困難です。そこで本サービスでは、測定器を用いて二酸化炭素濃度から密室度合いを測定し、換気が必要な時期にアラートを出し、定期的な換気を促すことが可能になります。ネットワークで接続し、遠隔でもどの部屋や場所で濃厚接触状態にあるかを把握でき、記録することで濃厚接触状態が多発する場所を特定し利用を避けることもできます。

映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」換気状態検知サービス

■ 密集度検出ソリューション(5月中に提供を開始予定)

カメラから屋外や一般施設での人の密集度を定期的に記録し、映像解析AI「SCORER」によって密集度を定量化。密集度が低い状態で施設が運営されことを記録・確認でき、過度な混雑が見られる場合は呼びかけなどの対応ができます。インターネットに接続するだけですぐに利用でき、端末内で解析を行うため、プライバシーに配慮し映像・画像データは保存せず即時破棄することも可能です。

映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)密集度検出ソリューション」

■ 導入価格について

「手洗い・消毒記録サービス」:15万円~(税別 )
「換気状態検知サービス」:12万円~(税別 )
「密集者検出ソリューション」:12万円~(税別 )
※設置環境・構成・設置サービス有無等により都度の見積りとなります。
【サービスの詳細・お問い合わせ】https://covid19.scorer.jp

■ 株式会社フューチャースタンダード
「世界中の技術を世界中の人々が使えるようにする」というビジョンのもと、映像解析AI分野に特化したプラットフォームである「SCORER(スコアラー)」を開発・運営している会社です。「SCORER」は、カメラや映像に関する最新技術をブロックのように組み合わせることで、映像解析AIを活用したシステム開発を「安く・早く・簡単に」します。

代表取締役:鳥海 哲史
所在地:〒東京都文京区湯島1丁目6-3 湯島一丁目ビル 2階
設立:2014年3月
事業内容:映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」の開発と運営
SCORERを利用したシステム開発
URL:https://futurestandard.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ】
pr@futurestandard.co.jp

■三密・手洗い・換気を感知!AI・IoTを活用した新型コロナウイルス対策サービスを順次提供開始
URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000038.000017039.html


の直前に貼り付けてください。 -->