トリトンフーヅ、身体が衰えがちなコロナ夏(コロナか)を乗り切るために気を付けたい “コロナ夏バテ”を防ぐ夏の新習慣

今回は、コロナ禍での2度目の夏がやってきます。長引く自粛生活で運動不足になったり、生活習慣が乱れたりしている人も多いのではないでしょうか。そんな今年も例年同様やってくるのが暑くジメジメした夏です。いつも以上に夏バテの危険にさらされている今、コロナ禍での夏バテ「コロナ夏(か)バテ」にも今年は注意が必要です。今回は「コロナ夏バテ」を防ぐ、簡単に取り入れられる対策術をご紹介します。

そもそも夏バテの原因とは…

そもそも、夏バテの原因は高温多湿の夏の気候に身体がついていけなくなること。汗をかくことによって体内のミネラルと水分が不足したり、暑さによって食欲が減退することによって体力が低下したり、外気温と室内の温度差によって自律神経が乱れてしまったり…と様々な原因と症状が組み合わさって”夏バテ”と呼ばれる状態を引き起こすのです。

夏バテの症状

●身体症状

・からだのだるさ
・食欲不振
・消化器症状(下痢、便秘)
・立ち眩み
・吐き気
・微熱

●精神症状

・イライラする
・無気力

●夏バテがきっかけで病気に繋がることも

・感染症(自律神経の乱れと体力消耗により免疫力が低下するため)
・精神疾患(夏バテの精神症状や疲労の蓄積がストレスに)

コロナ禍で夏バテの危険性が高まる!?

長引く自粛生活により私たちの生活習慣は一変しました。ニューノーマルな生活スタイルは実は夏バテの危険性を高めてしまうと言われています。コロナ禍での夏バテ「コロナ夏(か)バテ」には、下記のような要因があるとされています。

・外出自粛による運動不足

運動不足は筋力の低下を招きます。筋肉は身体に水分をためる最も大きな臓器であり、
筋力低下は体内の水分量の低下につながるのです。身体に水分をためられなくなると脱
水症状に繋がり、夏バテを引き起こします。

・マスク着用による水分不足

普段からマスクをつけているとマスク内の湿度が上がり、のどの渇きを感じにくくなる傾向が
あります。放っておくと脱水症状に陥り、だるさ・めまい・頭痛などの症状に繋がります。

・室内にいる時間が長いことによる冷房冷え

冷房の効いた室内にいる時間が長くなると、身体が冷え切って血行が悪くなってまいます。
すると内臓の動きが鈍くなって疲れがたまりやすくなったり、肩こりなどを引き起こしたりします。
運動不足や冷房のつけすぎなどの注意の他に、気を付けたいのが食生活。とはいえ、夏は食欲も料理への気力もなくなってしまいがち…。そこでいつものごはんにちょい足しするだけ!の、簡単夏バテ対策術をご紹介します。

そもそも夏バテの原因

コロナ夏バテ対策術①朝は味噌汁を飲む!

味噌汁には、夏バテ予防に必要なたんぱく質、ビタミンB2などの豊富な栄養素を含み、発汗で不足しがちな水分や塩分も同時に補える効果があります。そこにわかめや海苔といった海藻をプラスすると、夏に不足しがちなカルシウム、カリウム、マグネシウムといったミネラル、整腸作用の働きを持つ水溶性食物繊維を摂取することができます。夏はついつい冷たいものを食べたくなってしまいがちですが、朝1杯温かい味噌汁を飲むことで身体の芯が冷えるのを防ぐ効果も。味噌汁はまさに、夏バテ知らずの最強メニューと言えるでしょう。毎朝味噌汁を作るのは面倒…という人は味噌玉を作っておくと便利です。

味噌玉

味噌玉
【材料】(1食分)
味噌…大さじ1
かつお節…小さじ1
乾燥わかめ…大さじ1
乾燥麩等お好みの食材…適量焙り海苔…ひとつかみ

※梅干し、青のり、小ねぎ、じゃこ、天かすなどをいれてもおいしい!

【作り方】

①焙り海苔以外の材料を混ぜて丸める
②冷蔵(~1週間)、冷凍(~1ヶ月)で保管し味噌と具材を馴染ませる
③食べる際に器に味噌玉を入れ、お湯を注ぐ
④最後に焙り海苔をふわっとかけて完成!

焙り海苔

焙り海苔
使いやすいバラタイプ。お味噌汁にかけるとふわっと海の香りが漂います。

コロナ夏バテ対策術②昼は食べやすい麺類に栄養をちょい足し

夏のお昼といえばそうめんなどの麺類。食欲が湧かない日でもするすると食べられるのが魅力です。そんな手軽さが夏にぴったりな麺類ですが、そればかり食べていると栄養が偏りがち。麺類に海藻や梅干しなど夏バテ予防の食材をプラスするだけで栄養バランスを改善することができます。そうめんにねばねば食材ともずくをプラスした栄養満点なメニューがぴったり。また、注目のスーパーフードあかもくをご存知でしょうか?強い粘りとシャキシャキした歯ごたえがおいしく、特に秋田県ではメジャーな海藻です。海藻の中でもミネラルが豊富なアカモクをうどんにぶっかけて青じそドレッシングでさっぱりと食べられるメニューをご紹介します。

ネバネバそうめん

ネバネバそうめん
【材料】(1人分)そうめん…2束
納豆…1/2パック
トマト…1/4個
長芋…1㎝程
おくら…3本
もずく酢…1カップ
めんつゆ…お好みの量すだち…2切

【作り方】

①そうめんをたっぷりのお湯で茹で、流水にて冷ます。
②トマトはヘタを取り、湯剥きし角切りにする。納豆は付属のたれを入れ、混ぜておく。長芋は皮をむき、すりおろす。オクラは茹でて、冷水にとり、ヘタを切り小口切りにする。
③水切りをしたそうめんに具材をトッピングしめんつゆをかけたら完成③

味付もずく

味付もずく
味付もずく
昆布だしが利いたさっぱりとした三杯酢とかつおだしが利いたまろやかな黒酢の味付もずくです。

あかもく温玉ぶっかけうどん

あかもく温玉ぶっかけうどん
【材料】(1人分)
うどん麺…1玉
あかもく…大さじ2
青じそドレッシング…大さじ2温泉卵…1個
☆梅肉…1個
☆かつお節…適量
☆刻みのり…適量
☆刻みねぎ…適量めんつゆ…お好みの量

【作り方】

①うどんを茹で、水洗いをしてザルに上げておく。
②あかもくと青じそドレッシングを合わせて、よく混ぜておく。
③器にうどんを盛りつけ、中央にあかもく、温玉を乗せる。☆の具材をトッピングし、めんつゆをかけたら完成!

あかもく

あかもく
近年注目されている話題の海のスーパーフードあかもくです。強い粘りが特徴です。味がついていないタイプで、色々な料理にアレンジできます。

コロナ夏バテ対策術③夜は良質なたんぱく質を摂取

夏は暑さによって食事量が少なくなることに加えて、代謝が上がり、発汗量が多くなるため普段よりもたんぱく質が不足する傾向があります。夏のスタミナ食材と言えば「うなぎ」ですが、実はうなぎにはたんぱく質が豚肉や牛肉よりも多く含まれています。うなぎはこってりしていて箸が進まないという人はさっぱりとうざくにして食べるのがおすすめです。また、夕食の一品に冷ややっこをプラスするのも効果的。タンパク質を豊富に含む卵豆腐にめかぶをかけるだけでさっぱり美味しい簡単メニューに!

うざく

うざく

【材料】(1人分)
もずく酢…1カップ
きゅうり…3枚
うなぎのかば焼き…2切れ

【作り方】

①ボウルにもずく酢と、薄く輪切りにしたきゅうりを入れる。
②食べやすい大きさに切ったうなぎのかば焼きを入れ、和えたら完成。

雅もずく

雅もずく
雅もずく
減塩の味付もずくで、三杯酢には静岡の焼津産のかつおだし、黒酢には北海道産昆布だしを使用しています。

卵豆腐めかぶのせ

卵豆腐めかぶのせ
【材料】(1人分)
めかぶ…1カップ
卵豆腐…1個
三つ葉…適宜

【作り方】

①卵豆腐の上に、めかぶと三つ葉をトッピングする。
②卵豆腐のたれをかけて完成。

ごま香るめかぶ

ごま香るめかぶ

かどやの純正ごま油をブレンドした特製たれ付きで食欲をそそります。

まとめ

長引くコロナ禍で引き続きマスク着用の毎日ですが、暖かくなる春~夏に向けて身体が動く様に食事から整えて頂ければ幸いです。運動不足も重なりだるさ、自律神経の乱れなど体調不良になる前に対処出来れば夏も元気に過ごせると思います。

是非、おうち時間を利用して簡単レシピにチャレンジしてみてください。料理が苦手な方も、料理をした事ない方もキッチンで自分の食べるものを作ると意外と気分転換になります。ウォーキング、ストレッチなど適度な運動も忘れずに行いましょう。

商品の詳細は下記よりご覧ください。

関連リンク

株式会社トリトンフーヅ