サイシードが観光用のAIチャットボット「明智光秀AI」を開発LINE公式アカウントに実装して本日より提供開始

明智光秀にゆかりのある自治体が広域に連携した観光振興を展開

AIを活用しFAQ・チャットボットのシステムを展開する、株式会社サイシード(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中村 陽二)は、当社が提供しているAIチャットボット『sAI Chat(サイチャット)』が観光用のAIチャットボット「明智光秀AI」に導入されました。

株式会社サイシード 明智光秀AI
明智光秀AIのLINEイメージ

明智光秀AIとは

「明智光秀AI」は、LINE公式アカウント上で新しい観光体験を提案、支援していくことで観光客の誘致・利便性向上に繋げます。静岡大学名誉教授 小和田哲男氏に監修いただき、LINE公式アカウントを通して、明智光秀にゆかりの歴史背景にあわせた観光情報を発信します。

具体的には、「明智光秀AI」とのトークを介しながら、各地の名所やイベント情報の収集をすることができ、そのユーザーとの会話の中でサイシードの自社開発AIエンジンが学習し、回答精度を高まります。

また、観光客の周遊施策として「謎解き」をサブコンテンツとして搭載します。「明智光秀AI」から出されるクイズに答えることで、お勧めの観光地情報を取得することができ、2020年1月からの運用を予定しております。

ユーザーと「明智光秀AI」とのコミュニケーションを通して、14自治体の基盤を活かした広域連携による誘客、地域間での回遊を促し、観光振興を図ります。

■サイシードについて

AI(人工知能)を活用し顧客との1to1コミュニケーションを可能とするチャットボット『sAI Chat』と、顧客の入力した自然文(≒話し言葉)を適切に捉え最適な回答を提示する『sAI Search』というサービスを提供しています。
社内外からの問い合わせの自己解決、社内のナレッジサポート機能として活用していただいています。
AIを活用していることで、正確に素早く社内に眠った知(=ナレッジ)へのアクセスを可能とし、顧客満足度の向上・業務効率化に貢献していきます。

■『sAI Chat』について

『sAI Chat』はユーザーの「話し言葉」を理解し、最もふさわしい回答を自動で返答もしくはオペレーターに提示するチャットサービスです。海外のAIエンジンでは日本語がうまく理解できないことが多いですが、サイシードが保有する業界固有の辞書と日本語表現の類義語辞書を活用することで、学習する前の段階で最初から賢いAIを実現しています。コールセンターやヘルプデスクを主に、下記を援助します。

・Botから有人へのシームレスな切り替え
・CTI/CRMとの連携
・対応レポートの自動集計・後処理の自動化
URL:https://saichat.jp/saichat/

【株式会社サイシード 会社概要】
本社:東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿木村屋ビル15F
代表:代表取締役 中村 陽二
設立:2015年2月
事業内容:AIソリューション事業、広告・メディア事業
Webサイト:http://www.sciseed.jp/

【明智光秀AI協議会 概要】
■加盟自治体
京都府福知山市、京都府亀岡市、岐阜県可児市、滋賀県大津市、岐阜県岐阜市、京都府長岡京市、滋賀県、岐阜県恵那市、京都府南丹市、京都府京都市、滋賀県近江八幡市、岐阜県土岐市、京都府京丹後市、福井県(加盟順)

■監修
静岡大学名誉教授 小和田哲男 氏

■事務局
LINE株式会社

■株式会社サイシード
URL:http://sciseed.jp/

【CodeCamp】