​​テンセントクラウド、2023年の日本市場戦略を発表。企業のメタバース展開やWeb3へのシフトを支援

今年の『Tencent Cloud Day』では、デジタルとリアルな世界の融合を推進するにあたり、日本企業を支援するGME(Game Multimedia Engine)フルボディモーションキャプチャーやバーチャルワールド開発用スイートなど、メタバース関連のソリューションやプロダクトを多数ご紹介!

Tencent Cloud Day

概要

世界的テクノロジー大手のテンセント(騰訊)のクラウド事業であるテンセントクラウドは12月15日、日本で年次イベント『Tencent Cloud Day』を開催し、2023年の事業戦略や一連の新ソリューションについてご紹介するとともに、メタバース事業やWeb3へのシフトに向けた日本企業支援や、最先端技術を駆使したデジタル経済とリアルな世界のより深い融合を目指していく決意を表明しました。

今年の『Tencent Cloud Day』はオンラインとオフラインを組み合わせたハイブリッド形式で開催されました。アジア太平洋事業を統括するTencent Cloud International マネージング・ディレクターの趙剣南氏は、この1年にわたり組織を挙げて努力し、多くのお客様やパートナー様からのご支持を得てきた結果、テンセントクラウドの日本事業は安定した成長を遂げ、売上高は再び年間3ケタの成長を達成したと報告しました。また、「デジタルとリアルの融合は我々のライフスタイルに変化をもたらしており、テンセントクラウドの技術やコネクティビティに富んだソリューションを通じて、今後も企業イノベーションを推進し、企業のデジタル競争力を高めていく所存です」と述べました。

近年、さまざま業界でデジタルトランスフォーメーション(DX)が加速し続けており、テンセントクラウドはその支援者としての役割を一貫して担い、イノベーティブな技術でグローバル企業の変革を支え、デジタル化において競争力を高めるお手伝いを進めてまいりました。同社は長年にわたりオーディオ・ビデオ、エンターテイメント、ゲームなどの業界で極めて高い優位性を維持しており、日本市場においてもゲーム実況プラットフォーム「Mildom(ミルダム)」、オンラインカラオケアプリ「Pokekara」、「Showroom」が運営するバーティカルシアターアプリ「smash.」、ライブ配信サービス「ふわっち(whowatch)」など多くのトップ企業にサービスを提供してまいりました。

さらに、昨年より日本市場でメタバース構築に関する複数のソリューションを発表しており、以下のように多くの成功事例を築いています。

monoAI technology— クラウドレンダリング技術でアプリをクラウド化

monoAI technology(モノアイテクノロジー)は独自のバーチャル空間プラットフォーム「XR CLOUD」を主に手がけています。強力なGPU処理性能とオーディオ・ビデオストリーミング技術をベースにしたテンセントクラウドのクラウドアプリケーションレンダリング(Cloud Application Rendering、CAR)は、monoAI technologyのアプリのクラウド移行とリアルタイムレンダリングを支援し、動画ストリーミングでローカルwebやライト版アプリの実行画面を表示させています。クラウドレンダリングサービスはエンドユーザーがソフトウエアをインストールする必要がなく、ワンクリックでバーチャル空間に入ることができ、待機時間を90%もカットできます。ユーザー数の大幅な増加につなげています。

MetaLife — テンセントRTCでメタバースのアバターを構築

MetaLifeはオフィスやイベントスペース、教室、リモートワークスペースなどの用途でユーザーがバーチャル空間を利用できるコミュニケーションプラットフォームです。テンセントのリアルタイムコミュニケーション(Tencent Real-Time Communication、TRTC)を活用することで、MetaLifeのユーザーはアバターへと変身し、時や場所を問わずにリアルと同様のコミュニケーションが可能になりました。テンセントクラウドは遅延を最小化させたインタラクティブライブ配信サービスを構築。世界中でネットワーク遅延300ms未満を実現し、パケットロス率80%の環境でもスムーズなオーディオ・ビデオコミュニケーションを確実にします。

Nexon Town — テンセントRTCでリアルなメタバース体験を実現

オンラインゲーム開発NEXON(ネクソン)が展開するスマートフォン向けメタバースNexon Townでは、テンセントクラウドのTRTCが業界最先端の超高品質リアルタイムオーディオ・ビデオサービスを提供しており、NEXONのゲームユーザー同士がメタバースで思う存分コミュニケーションを深められるようになりました。

理経 — ドローン撮影の風景映像をクラウドレンダリングで再現

株式会社理経では大手企業向けにCG映像制作を手がけており、ドローンが撮影した風景や災害現場の様子をクラウドレンダリングで再現しています。理経がドローンで撮影した工場の映像をテンセントクラウドのクラウドレンダリング技術で高精細3D映像に転換するとともに、工場模型に基づいてバーチャル空間を構築し、模擬消防訓練に活かしています。

「Web3業界でコンピュテーションやストレージに求められるキャパシティが拡大し続けていることを我々も認識しており、テンセントクラウドでも万全な準備を整えてまいりました。開発者に最良のインフラを提供し、世界トップクラスのWeb3企業様やパートナー様との協業に力を尽くしてWeb3時代におけるメタバースの未来を創り出し、企業様とともに新しいテクノロジーの進化に向けて努めてまいります」と趙氏が話しています。

テンセントクラウドではWeb3時代を迎えるにあたり、世界最先端のコンピューティング性能、ストレージ、ネットワーク、オーディオ・ビデオおよびゲーム関連の技術を礎に、23年は重点的にメタバースやWeb3のソリューション強化に邁進してまいります。

日ごとに膨らんでいくお客様のニーズにお応えするため、テンセントクラウドは日本の皆様に向けて、注目すべき2つの新プロダクトをご紹介いたします。

GMEフルボディモーションキャプチャーソリューション

フルボディモーションキャプチャーは、ゲームやエンターテイメント分野では一貫して重要な技術で、リアル世界のヒトの動きをバーチャル世界のキャラクターに反映させるものです。しかし、これまでのソリューションはプロセスが複雑でした。特殊なデバイスを装着しなければならないうえ、場所やハードウエアについても高度な条件が求められるため、多くの時間や資金を投入する必要があり、アニメーションを制作したりゲームキャラクターを動かしたりすることは相当なコストがかかりました。

そこで、テンセントクラウドGME(Game Multimedia Engine)では、低コストで高品質なパフォーマンスが得られるモーションキャプチャーのソリューションを独自に開発しました。スマートフォン1台あるいはパソコン1台さえあれば、内蔵カメラがヒトの動作をリアルタイムで捉え、独自に制作したアニメーションキャラクターに動作を転送します。同ソリューションはアニメ分野におけるモーションキャプチャー導入のハードルを大きく下げることに成功しました。また、GMEはマルチデバイス対応で、UnityやUnreal Engine対応のSDKも提供しており、ゲーム開発者やユーザーへの接続にも便利です。

このフルボディモーションキャプチャーソリューションは、GMEの人体分析技術をベースに人体の位置や姿勢をリアルタイムで追跡し、人体の24個の関節点の動作を認識します。体型を正確に描写し、ヒトの動きをアニメーションモデルに転送するため、ゲームやVR、ショートムービーなどさまざまなシナリオに活用が可能です。

GMEフルボディモーションキャプチャーソリューション

バーチャルワールド開発用スイート(Virtual World Developer Suite)

テンセントクラウドは、先日開催された『2022 Tencent Global Digital Ecosystem Summit』で新しいオーディオ・ビデオメディアデバイスの開発用スイート「Tencent Cloud Media Services」を発表しました。中でもバーチャルワールド開発用スイート(Virtual World Developer Suite)は、アバター開発用SDK、クラウドレンダリングに加え、クラウドライブストリーミング・ビデオ通話・インスタントメッセンジャーなど一連のオーディオ・ビデオ関連プロダクトなどを提供することで、開発者がメタバースのアプリケーションプログラムを独力でスピーディーに構築できるよう支援します。アバターのカスタマイズ機能と結びつけることで、オリジナルの没入型バーチャルワールドを構築し、ソーシャルエンターテイメントやオンライン教育、バーチャルコンサートなどに活用することができます。

この開発用スイートを導入すれば、企業様では3Dバーチャル世界を簡単に開発・構築できるようになり、より没入感のあるインタラクション体験をユーザーに提供できるようになります。

テンセントクラウドは、テンセントがゲームやオーディオ・ビデオ分野で長年にわたり積み上げてきた技術的経験を活かしてワンストップのメタバースソリューションを作り上げました。世界最先端のコンピューティング性能、ストレージ、ネットワーク、オーディオ・ビデオ技術(リアルタイム通信、スマートコーデック、AIなど)に加え、より深い没入体験をもたらすゲーム技術を用いて、日本の企業にメタバース構築のテクニカルサポートを提供してまいります。

また、今回のイベントでは、テンセントクラウドはクラウドセキュリティに関する価値観、アプローチ、主要な原則を紹介しました。クラウドセキュリティに対する同社のコミットメントと投資は、Cloud Security Alliance STAR Cloud Security Certification、ISO/IEC 27001: 2013認証など、同社が取得した20以上のセキュリティ関連認証に反映されています。また、The Cloud Infrastructure Services Providers in Europe (CISPE)認証も取得しています。その個人データ保護の行動規範は、GDPRに準拠しており、行動規範を遵守するクラウド事業者が顧客データを自己の目的のためにアクセスまたは使用しないことを保証し、クラウドサービス事業者のGDPR要件への適合性を高めています。

詳しくはこちらまで:https://www.tencentcloud.com/jp/

テンセントクラウド

テンセント・クラウド(Tencent Cloud)について
世界で急成長しているクラウド企業の1社であるテンセントクラウドは、現実世界の問題を解決する革新的なソリューションを生み出し、スマート産業のデジタル化への移行に注力しています。充実したグローバルインフラを通じ、クラウドコンピューティング、ビッグデータ分析、AI、IoT、ネットワークセキュリティ等を駆使し、業界をリードするクラウド製品とサービスを安定的かつ安全に世界中の企業に提供しています。教育、金融、ヘルスケア、ゲーム、メディア・エンターテインメント、不動産、小売、旅行、交通の分野を含むあらゆる業界のニーズに応えることを目指しています。

関連情報

テンセントジャパン合同会社
●​​テンセントクラウド、2023年の日本市場戦略を発表。企業のメタバース展開やWeb3へのシフトを支援