Snapchat初の日本市場向けキャンペーン開始を記念した「Snapchat in Japan 2022 ~ソーシャルメディアの処方箋~」が11月8日に開催!

KINTOKINTO

Snap Japanが日本市場におけるARの可能性と今後の取り組みを発表!

ビジュアルコミュニケーションアプリである「Snapchat(スナップチャット)」を運営するSnap Japanは、日本市場向けの初のキャンペーンを開始します。このキャンペーン始動を記念して日本国内初のプレスイベント、「Snapchat in Japan 2022」が11月8日に開催されました。イベントでは、キャンペーン動画の発表に加え、Snapchatの主要機能や革新的なAR(拡張現実)体験の発表が行われました。

Snapchat in Japan 2022 ~ソーシャルメディアの処方箋~

イベント概要

今回発表された、4つのキャンペーン動画は、「違う誰かを演じなければいけない、映えなければいけない、完璧でなければいけない…というプレッシャーから解放され、飾らない本来の自分でいられる場所」という、Snapchatの特徴をもとに制作されました。またこれらキャンペーン動画は、Snapchatが大切な人とビジュアルコミュニケーションを行うための、最もシンプルで手軽なアプリであることも伝えています。

Snapはカメラを再発明します。そうすることは、人々が自分自身を表現し、その瞬間を生き、世界について学び、共に楽しむことに繋がると信じています。現在、2億5000万人以上のSnapchatユーザーが、モバイルデバイスで毎日ARレンズに触れています。そしてSnapは、ウェアラブルデバイスを通じて、より没入感のあるAR体験を創出できると確信しています。

Snapchat in Japan 2022 ~ソーシャルメディアの処方箋~

Snapが開発した、サングラス型ARデバイス「Spectacles」(スペクタクルズ)は、AR最前線にいる開発者のための、非売品・限定生産の開発ツールです。イベントではデザイニウム取締役の秦氏をお招きして、「Spectacles」を使用した、日本の歴史的建造物を巡るストーリーがお披露目されました。秦氏は「Spectaclesは、これまでとは全く違うアイデアを実現するための素晴らしいデバイスです。デザイニウムでは、Spectaclesを使うことで、日本文化命を吹き込み、人々の心に過去の思い出を蘇らせました。」とコメントしました。

Snapが開発した、サングラス型ARデバイス「Spectacles」(スペクタクルズ)

さらに会場では、インタラクティブなAR技術を用いたファッション・ビューティー・ショッピングの体験ブースが設置され、ARによってショッピングがいかに楽しいものになるかを体現しました。
体験ブース参加ブランド:PRADA、M・A・C、Zenni Optical、FARFETCHなど

Snap Japan 代表 長谷川倫也のコメント

「Snapchatがもたらす可能性を日本の皆様にご紹介する、国内初のイベントを開催できたことに、とても興奮しています。Snapchatが国内で着実に成長している中で、今回のキャンペーンは、日本のユーザーの皆様の共感を得られると確信しています。また、日本市場においても、パーソナルで、没入感があり、インタラクティブなARレンズは、大変好評を頂いています。今回ご紹介したAR機能は、ARの持つ大きな可能性と将来性、そして企業ニーズと消費者の嗜好を橋渡しする、Snapの継続的な取り組みのほんの一例に過ぎません。今後も日本市場におけるSnapの取り組みにご期待ください。」

キャンペーン動画URL
※ランディングページはスマートフォン専用ページです。
Snapchat in Japan 2022 ~ソーシャルメディアの処方箋~

関連情報

Snap Inc.