【日本製】小松マテーレ、ひんやり高機能!「ダントツマスクール」の販売をスタート

7月 16, 2020

全部で8つの嬉しい機能が!【冷感・ムレ防止・消臭・洗濯耐久・抗ウイルス・抗菌防臭・花粉カット・UVカット】

化学素材メーカー・小松マテーレ株式会社は、これまで培ってきた技術力を生かし、多彩な機能を兼ね備えた冷感マスク「ダントツマスクール」を開発しました。公式オンラインストア「ユニリンク」で販売を開始しております。

小松マテーレ、ダントツマスクール

商品概要

小松マテーレ、ダントツマスクール
品 名:ダントツマスクール
サイズ:S(子ども用) 8×14.5cm(ゴムの長さ24cm)
M(大人用) 8.5×17.5cm(ゴムの長さ28cm)
素 材:ナイロン85%、ポリウレタン15%
原産国:日本

ダントツマスクール販売ページ

小松マテーレ 公式オンラインストア「ユニリンク」
https://www.uniform-link.com

「ダントツマスクール」販売ページ
https://www.uniform-link.com/item/2295

「ダントツマスクール」の特長

①接触冷感
マスク生地に肌が触れたときに、冷たく感じる「接触冷感」機能により、熱中症対策として効果が期待できます。

小松マテーレ、ダントツマスクール
図1 接触冷感(q-max)比較

肌の熱が瞬時に生地へ移動することにより、「冷たさ」が感じられます。熱が移動する量は、最大熱吸収速度「q‒max(W/㎠)」(キュー・マックス)という単位で表され、q‒maxが高ければ高いほど、冷たさは感じやすくなります。
通常の接触冷感生地の目安は、q‒maxが0.2W/㎠程度であり、ひんやり感を味わえる目安値と言われております。「ダントツマスクール」のq‒maxは0.38W/㎠であり1.5倍を超える極めて高い接触冷感能力を発揮します。

②ムレ防止
呼吸などによるマスク内の湿気を、吸収し放出する「吸放湿性」を備えています。湿度の高い肌側からマスクの外部へ湿気を逃がし、ムレを抑えます。

【参考データ】
以下の図2.2と図2.3の比較から分かるとおり、ダントツマスクールを着用すれば、不織布マスク着用時と比べ温度上昇を約2℃抑えられます。

小松マテーレ、ダントツマスクール
図2 マスク着用による顔面温度変化(サーモグラフ撮影)

③消臭効果
口臭の原因物質である揮発性硫黄化合物の代表成分、硫化水素、メチルメルカプタンに対し、消臭効果を確認しています。

④洗って繰り返し使える耐久性
「ダントツマスクール」は手洗い50回の耐久能力を備えています。使い捨てマスク(不織布マスク)とは異なり、多彩な機能性を維持したまま、繰り返し洗い、使い続けることが可能です。まさに環境にやさしくサスティナブルなエコマスクといえます。

⑤抗ウイルス性
太陽光はもちろん、室内の蛍光灯などの弱い光でも、光触媒作用によりウイルスを高速分解し、感染能力を低減させます。インフルエンザウイルスの接触試験では6時間で99%の低減効果を確認しております。

小松マテーレ、ダントツマスクール
図3 A香港型インフルエンザウイルス(H3N2)の活動抑制効果

⑥抗菌防臭
天然由来成分キトサンが、生地上の菌の増殖を抑え、防臭効果を発揮します。これに加え、銀系制菌加工※とのハイブリッド加工を施しており、SEKマーク(橙:制菌加工)に対応しております。
※銀イオンのはたらきにより、細菌の増殖を抑制する加工。

小松マテーレ、ダントツマスクール
図4 黄色ブドウ球菌に対する抗菌効果

⑦花粉カット
ダントツマスクール」は、高密度な素材を使用しているため、空気中の花粉を効果的にフィルターする機能もあり、花粉の通過を遮ります。

⑧UVカット
日焼けの原因である紫外線に対して、「ダントツマスクール」には、紫外線カット効果があります。UVカット率は、99%レベルです。また、肌への影響も考慮したUPF値は、40クラスです。

詳しくは、小松マテーレ・ホームページをご覧ください。

小松マテーレ株式会社 ホームぺージ :https://www.komatsumatere.co.jp/
「ダントツマスクール」NewsRelease  :https://www.komatsumatere.co.jp/wp-content/themes/komatsu/pdf/news/20200529.pdf

小松マテーレ、ダントツマスクールレビューはこちら

実物の動画はこちら

■【小松マテーレ】ひんやり高機能!「ダントツマスクール」の販売をスタート!
URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000039.000011928.html