書家・金澤翔子の集大成であり新たな出発点 書家 金澤翔子展「つきのひかり」2021年12月22日より開催

ソーシャルドッグ

ヒューマンアカデミー

2021年12月22日(水)~2022年1月8日(土)六本木ヒルズ「森アーツセンターギャラリー」

この度、2021年12月22日(水)から2022年1月8日(土)に六本木ヒルズ「森アーツセンターギャラリー」にて書家・金澤翔子の個展「つきのひかり」を開催することをお知らせします。
5歳から母の師事で書を始め、20歳で初の個展を開催。その後、東大寺や法隆寺など様々な場所での席上揮毫、奉納を行ってきました。およそ15年の年月をかけ、訪れたのは全国1200か所以上。災害被災地など困難な状況にある人々にも寄り添い、書を通して希望を届けようと活動を続けています。
そんな書家・金澤翔子の集大成として、そしてさらなる飛躍への出発点として、過去最大となる展覧会を開催する運びとなりました。代表作の「風神雷神」「共に生きる」などの大作から、書き下ろしの新作まで、一挙に展示します。尚、森アーツセンターギャラリーとして、「書」をテーマとした初の展覧会になります。
チケットは本日より予約発売開始いたします。詳細は特設サイト(www.k-shoko.org)をご覧ください。

書家 金澤翔子展「つきのひかり」

書家 金澤翔子展「つきのひかり」 開催概要

会期:2021年12月22日(水)〜2022年1月8日(土)<18日間>
時間:10:00~20:00(最終入館 19:30)
会場:森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52F)
料金:「前売りチケット」一般2,100円 高校・中学生1,000円 小学生500円 小学生未満無料
「当日窓口」一般2,300円 高校・中学生1,100円 小学生600円 小学生未満無料
※障がい者手帳をお持ちの方は、ご本人と介助者1名まで入館無料となります。
入館時、3階のチケットカウンターにて障がい者手帳をご提示ください。
主催:金澤翔子事務所 電通
パートナー:シナリー化粧品 / 株式会社SGC
特設サイト:www.k-shoko.org
備考:「特設ショップ」は森美術館、東京シティビューのチケットでもご入場いただけます。

書家 金澤翔子展「つきのひかり」コンセプト

月はいつも、ただそこにある。
太陽に照らされて、静かに輝いている。
けれどもその光はときに、誰かをやさしく照らす。

「大きくなったら、お月さまになりたい」

そんなことを語っていた金澤翔子の書は、
たくさんの人の想いに照らされ、
いま、ここにある。

筆をもって30年。初の個展から15年。
これまでの道のりをふりかえり、
これからの飛躍に向けて踏み出す。
そんな場をつくりたいと思いました。
皆さんと一緒に、感じたいと思いました。

涙の中にも、希望がありますように。
夜道にも、光が見えますように。

2021年から、2022年へ。
金澤翔子が、これまで最も月に近い場所でひらく展覧会。

展示作品の紹介(一部予定)

▼「風神雷神」(2009年発表)京都建仁寺奉納

「風神雷神」(2009年発表)京都建仁寺奉納

▼「翔」(2020年発表)東京2020公式アートポスター

▼「翔」(2020年発表)東京2020公式アートポスター

▼「共に生きる」(2011年発表)東日本大震災復興

▼「共に生きる」(2011年発表)東日本大震災復興

▼「平清盛」(2011年発表)NHK大河ドラマ題字

▼「平清盛」(2011年発表)NHK大河ドラマ題字

▼その他、本展覧会用に書き下ろした新しい作品も公開予定

展覧会開催に向けてのコメント

金澤翔子
「みんな元気になってくださいと思って書きました」

金澤泰子(金澤翔子の母)
知的障がい故に良い環境に恵まれ、世俗にまみれずに生きた翔子は天空と繋がり純度の高い魂を持っています。月を亡き父と思い夜空に話しかけ、祈りを捧げる翔子に、これまで最も月に近い美術館での個展を開催するという、とびきりの話が舞い込みました。
これは天からの贈り物に違いないと思い、翔子の無垢な魂の書を揃えました。
生誕三十五年余り、苦難も乗り越え、はるばるとここに辿り着ました

金澤翔子 プロフィール

金澤翔子 プロフィール
東京都出身。書家。
5歳から母の師事で書を始める。全国の名だたる神社仏閣での席上揮毫を行い、個展も数多く開催。ローマ教皇庁(バチカン市国)に大作「祈」を寄贈。天皇陛下御製謹書。皇后陛下御歌謹書。
東京2020(オリンピック・パラリンピック)公式アートポスター制作アーティスト就任。
NHK大河ドラマ「平清盛」題字担当や国連本部での日本代表スピーチなど、活動は多岐に渡る。
国外ではニューヨーク、チェコ、シンガポール、ロシア、台湾等で個展を開催。これまでに延べ200万人が金澤の書にふれ、年間10万人以上が個展に訪れる。
東日本大震災後に発表した自身代表作「共に生きる」を合言葉に、被災地への応援や障害者支援など、共生社会実現に向けた活動にも継続的に取り組んでいる。紺綬褒章受章。文部科学省スペシャルサポート大使。

関連リンク

書家 金澤翔子展「つきのひかり」PR事務局
東京2020公式アートポスター制作をはじめ、天皇御製や皇后御歌の謹書、全国各地での席上揮毫。書家・金澤翔子の集大成であり新たな出発点 書家 金澤翔子展「つきのひかり」2021年12月22日より開催