クオリカ、日笠工業社、三信電気社とIoT技術を活用したウェアラブルデバイス「iBowQube」の実証実験をスタート


手作り惣菜宅配食!簡単×おいしい×健康【わんまいる】

作業現場の遠隔管理での作業品質向上と効率化を目指す

TISインテックグループのクオリカ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:加藤 明、以下クオリカ)は、日笠工業株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:日笠 秀樹、以下日笠工業)と三信電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木 俊郎、以下三信電気)と3社共同で、クオリカのIoT技術を活用したヘルメットマウント型ウェアラブルデバイス「iBowQube(アイボウキューブ)」を使用して設備メンテナンスや清掃作業を行う実証実験を開始することを発表します。

【日笠工業 コメント欄】
当社の作業現場や工事現場にて、「iBowQube」のマイクやカメラ映像によるリアルタイムなコミュニケーションを取ることで、遠隔による作業支援・作業指示・現場環境情報収集・作業者のバイタル情報収集といった遠隔支援や安全管理監視サービスの導入有効性・実効性・効率化を検証したいと思います。

【三信電気 コメント欄】
今回日笠工業様の作業現場にて、弊社のIoTデバイスの知見を活かしながら、クオリカ様の「iBowQube」を用いた実証実験のサポートを行うことで、日笠工業様およびクオリカ様のIoTビジネス拡大のご支援をさせていただきます。

実証実験の概要

本実証実験では、「iBowQube」を日笠工業の実際の作業現場で使用し、マイクやカメラを通して現場作業者と離れた場所にいる管理者の円滑なコミュニケーションを可能にする遠隔支援サービスと、現場作業者のバイタル情報や作業場所の環境情報を収集する安全管理サービスの評価検証を行います。
「iBowQube」をヘルメットに装着した作業者の作業結果(時間、品質)と、装着しない作業者が実施した結果を確認し、導入効果を検証していきます。また、安全管理サービスで得た情報の活用方法についても検討します。
本実証実験を通じて「iBowQube」による遠隔支援サービスと安全管理サービスの有用性を高め、今後は三信電気が保有する各種センサーやIoTソリューションと連携し、日笠工業の作業現場でさらなる作業品質の向上と効率化を進めていきます。

「iBowQube」について

「iBowQube」は、お持ちのヘルメットに装着できるマウント型のウェアラブルデバイスで、ハンズフリーでビデオ通話により現場担当者と管理者のコミュニケーションを可能にします。さらに、突発作業への対応もスムーズにできるよう電子マニュアルなどをそのまま目の前のスクリーンに表示できる独自の透過型スクリーンを開発中です。(Ver.2.0で2019年秋搭載予定)

■日笠工業株式会社
URL:http://www.higasa.co.jp

■三信電気株式会社
URL:https://www.sanshin.co.jp/

■クオリカ株式会社
URL:http://www.qualica.co.jp

TISインテックグループについて

TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。

【サービス・ソリューションに関するお問い合わせ】
IoTテクノロジーセンター IoTビジネス推進部
TEL:03-5937-0761