クロスプラス、人気の洗えるマスク『パステルマスク』はじめ21種類のマスクを取り揃える販売サイト「クロスマルシェ」オープン!

~マスク着用マネキン360°ビューや政府配布マスクとのサイズ比較で確認可能~

クロスプラス株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:山本 大寛)は、同社で展開しているマスクを21種類揃えたマスク販売サイト「クロスマルシェ」を2020年10月29日に開設しました。

クロスプラス、マスク販売サイト「クロスマルシェ」
クロスプラス、マスク販売サイト「クロスマルシェ」

■「クロスマルシェ」概要

マスクを着用した場合の360°ビューやサイズ感の可視化など、着用イメージが湧きやすいコンテンツで商品確認が可能
「クロスマルシェ」はクロスプラス㈱が展開するマスクを21種類揃えたWEBのマスク専門店です。大人気のパステルマスクをはじめ、ホールガーメントのニットマスク、日本製の和紙マスクなど、カットソー、ニット、布帛、キッズなど、社内10部署が開発した個性豊かなマスクを販売しています。マネキン着用の360°ビューでは静止画では分かりづらいマスクの着用イメージがご覧いただけ、また政府配布マスクとのサイズ比較もおこなっているので、衛生上試着が出来ないマスクでも、着用イメージやサイズ感がわかりやすいサイトになっています。豊富な品ぞろえの中から、自分にピッタリのマスクをお選びいただけます。

■特徴

1.政府配布マスクとのサイズの比較

クロスプラス、マスク販売サイト「クロスマルシェ」
今年全家庭に配布された政府配布マスクとの比較画像も掲載しているので、サイズ感が確認しやすくなっています。

2.社内の10部署が開発した個性的なアイテム

アパレルメーカー各部署の強みを活かして制作するマスクがラインナップ。ニットDIVが作る和紙でできた日本製のマスクや、ホールガーメントニットのマスク、スポーツウエアなどを担当しているアクティブグループの運動用のマスクなど、個性豊かなマスクが揃います。

3.マネキン着用による360°ビュー

クロスプラス、マスク販売サイト「クロスマルシェ」
マネキン着用による360°ビューでご覧いただけるため、サイズ展開の比較がしやすく耳にかかっているヒモの後ろ部分も確認でき、衛生上試着が出来ないマスクでも着用イメージが湧きやすくなっています。

4.21種類の豊富な品揃え

21種類のマスクが揃っているので自分にピッタリのマスクが見つかります。

■サイト情報

サイト名:クロスマルシェ
取り扱い(販売)アイテム

マスク:PASTEL MASK、絹触感なめらかマスク、よりそいマスク(ニットホールガーメント)、
ウルトランマスク(スポーツ用)、和紙マスク(日本製)、Lacyマスク、アクティブマスク、
洗えるファッションマスク、接触冷感ひんやりマスク etc.
マスク関連アイテム:PASTEL CASE、マスクピース、ヒノキライフミスト etc.

URL:https://www.crossmarche.jp/

■本商品に関するお問い合わせ先

クロスプラス株式会社
メールアドレス h-cm@crossplus.co.jp
※大変恐れ入りますが、メールでのお問い合わせのみとなりますので、ご了承ください。

<クロスプラス 会社概要>
会社名 クロスプラス株式会社
代表者 山本 大寛
所在地 〒451-8560
愛知県名古屋市西区花の木3-9-13
URL https://www.crossplus.co.jp

クロスプラスについて>
服づくりから、売場づくりまで、スタッフ200名を超える充実の企画チーム体制で、レディス・メンズ・キッズの衣料品からファッション雑貨を年間5,000万枚以上企画・生産し、専門店をはじめとした様々なチャネルへのODM・OEM販売する総合アパレルメーカーです。
社名に表している通り、社員一人ひとりの個性や能力をクロスし、お客様にプラスアルファの価値をご提供し続けてまいります。

人気の洗えるマスク『パステルマスク』はじめ21種類のマスクを取り揃える販売サイト「クロスマルシェ」10月29日開設!


の直前に貼り付けてください。 -->