配信者向け「ホロライブアプリ」にガチ恋距離の配信が可能な「3Dモード」をリリース

カバー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:谷郷元昭)は、VTuber配信アプリ「ホロライブアプリ」へスマホだけで3Dモデルによる配信可能な「3Dモード」をリリースしました。

「3Dモード」をリリース!

カバー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:谷郷元昭)は、VTuber配信アプリ「ホロライブアプリ」へスマホだけで3Dモデルによる配信可能な「3Dモード」をリリースしました。

VTuber配信アプリ「ホロライブアプリ」

開発の背景

カバー株式会社では「臨場感のある驚きの表現を提供する」という開発目標の元、VTuber配信アプリ「ホロライブアプリ」に「3Dモード」をリリースしました。

3Dモデルによるガチ恋距離配信

今までの2Dモデルではできなかった3Dモデルの特性を活かし、カメラに近づくことができる”ガチ恋距離”による配信を可能にしました。また、カメラアングルを操作することで、より立体的な配信を可能にしました。

今後の追加機能

モーション転送機能
PCアプリとの連動機能により、より滑らかなモーション、高解像度の映像を実現します。
ARKitによるモーションをスマホアプリから転送することでモーションは滑らかに、映像はPCクオリティの高解像度になります。
アクセサリ機能
帽子、メガネなどシチュエーションに応じたアクセサリを付けられるようになります。

関連URL:3Dモードを使用した配信

■カバー株式会社
URL:https://cover-corp.com/