スマートメディア、人気雑誌で活躍したプロ編集者が集結。ハイクオリティなオウンドメディア運営で企業の発信課題を解決

KINTOKINTO

プロ編集者とデジタルチームの強力タッグで実現する、新しい編集プロダクションとは?

SaaS型CMS事業で全ての人に発信する喜びを提供する株式会社スマートメディア(本社:東京都港区、代表取締役社長:成井 五久実)は、長年人気雑誌や出版社で編集の最前線に立ってきた、実績あるベテラン編集者を招集。経験豊富でプロ意識の高い編集者やライターをネットワークし、オリジナリティ溢れるコンテンツで高品質なオウンドメディアを届ける“新しい編集プロダクション”を実現するために動き始めます。

スマートメディア、ハイクオリティなオウンドメディア運営で企業の発信課題を解決

背景

持続可能な社会の実現へ向けて社会が移り変わる中で、企業が自社商品にとどまらず、ステークホルダーにESGやSDGsに対する取り組みを発信する機会が増えています。オウンドメディアにおいてコンテンツ制作の難易度は高まり、情報開示や発信方法に課題を持つ企業が増えています。そして、商品をストレートに訴求しても消費者にコンテンツが読まれず認知獲得につながらない、というお客様の声をよく耳にするようになりました。

また、コロナ禍以降ますますウェブ集客において重要性が高まっている「SEO」では、検索エンジンの上位表示獲得にはコンテンツの質を高めることが不可欠であり、ユーザーの検索意図に的確に答えていることに加え、オリジナリティや専門性が高く求められています。

このように、検索エンジンが求めるコンテンツの在り方の移り変りや、私たちが経験したお客様との対話の中で、これからのオウンドメディア には、さまざまな切り口で「商材」を自然とステークホルダーに訴求する「企画力」と「編集力」を持つ、“プロ意識の高い編集者”が必要であるという結論に至りました。
そこで、スマートメディアは企業の発信課題を解決し、高品質なコンテンツ制作やオウンドメディア運営を提供する、プロフェッショナルなノウハウを持った編集者を招集。“新しい世代の編集プロダクション”の実現を目指し動き始めます。

新しい世代の編集プロダクションとは?

15年の歴史を持つウェブマガジン『OPENERS(オウプナーズ)』のメディア統括ディレクターを務める松本博幸氏の声掛けにより集められたベテラン編集者で構成。

元『LEON』編集長の前田陽一郎氏や、『NAVI』編集部にてクルマ/ファッションを担当し現在は『OPENERS』Carカテゴリ編集責任者の山口幸一氏、マガジンハウス社出身で人気雑誌『an an』『クロワッサン』を手がけ、『POPEYE』副編集長を務めた北原徹氏など、豪華なメンバーが名を連ねます。

ここに、デジタルのソリューションをいくつも持つプログラマー、SEO・SDGs・ESGの教育を受けたプロフェッショナルなメンバーが加わり、長年のスキルと経験を持つ編集者と新しい世代のプロ集団のノウハウを合致させた、他に例を見ない編集集団を結成。消費者が自然と商品理解・企業理解ができる切り口と熟練された編集スキルを持つ編集者が、デジタルの強みを生かした専門チームとタッグを組み、企業の発信への課題を解決します。

ご相談方法

「メディア運営を何から始めたら良いのかわからない」「ESGの取り組みをどう発信したら良いのかわからない」など、オウンドメディア 発信の課題やご相談がございましたら、ヒアリングを元に貴社に合わせたご提案をさせていただきます。下記フォームより受け付けておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。
https://sma-media.com/ownd/

特長

・プロ集団が一気通貫でオウンドメディア を構築!
自社メディア運用で構築してきたプロのネットワークを活かし、戦略策定・構築・運用までを編集のプロが対応。これまでの編集ノウハウにはなかったデジタルの課題は、CMSやSEO社内専門チームが対応。ESGスコアリングなど企業の最新のニーズにも答えられるチーム編成で、オウンドメディアを一気通貫で構築することができます。

・幅広い業界に精通した編集者がディレクションを担当
長年人気雑誌や出版社で経験を積み、ありとあらゆる業界に精通したメンバーが、企業と消費者を自然と結びつける企画力を武器にオウンドメディアを運営。ステークホルダー毎に最適化されたコンテンツを制作、発信します。

メンバー

松本博幸氏
<経歴>
『モノ・マガジン』『クロムハーツマガジン』、企画特集ムックなどを発行する出版社から05年に独立。WEBマガジン『OPENERS』の立ち上げに参画。2017年、スマートメディア役員、OPENERS統括ディレクターに就任。編集企画、広告企画を手掛ける。幅広い人脈を活かし、さまざまなプロジェクトやコラボレーションにも携わる。

前田陽一郎氏
<経歴>
(株)乃村工藝社での営業企画を経て、1994年より(株)祥伝社。ストリート誌の草分けともいえる『Boon』を手掛ける。2011年より『LEON』編集長に就任し、ちょい不良で知られる同誌を男性向け富裕層メディアの筆頭誌に押し上げた。現在、クラシックカー専門誌『Octane』日本版クリエイティブディレクターほか、アミパリス、ボルサリーノなどのブランドコンサルティングに携わる。

山口幸一氏
<経歴>
クルマ雑誌『NAVI』『エスクァイア日本版』にて主にクルマとファッションの分野を担当。『OPENERS』Carカテゴリー編集責任者兼フリーランスのエディター/ライター。レクサスのウェブマガジン『VISIONARY』の編集長も務めた。クルマを社会や文化との関わりから捉える記事や企画を得意としている。

北原徹氏
<経歴>
マガジニスト。マガジンハウスで『an an』『クロワッサン』など多くの雑誌を手掛け、『POPEYE』では副編集長を務めた経歴を持つ。現在はファッション誌『PLEASE』編集長を務め、 Ray and LoveRock(レイ アンド ラブロック)名義でフォトグラファーとしても活躍中。

土田貴史氏
<経歴>
株式会社ワールドフォトプレス(世界の腕時計編集部)、株式会社アシェット婦人画報社(メンズクラブドルソ編集部)、株式会社徳間書店(GoodsPress編集部)などを経て、2009年に独立。フリーランスの編集兼ライターとして、腕時計をはじめとするライフスタイル全般の取材・執筆を担当。編集・ライター歴20年以上。

富山英三郎
<経歴>
「モノやコトへの好奇心」を原動力に、幅広いジャンルの最新動向を取材。現在『SHIPSMAG』および、『ARBAN』(ジャズを中心としたカルチャーメディア)を手がける。『GQ JAPAN』、『MonoMax』、『d365』、『HERO-X』、『DIME』、『MONO Magazine』など、web・紙・アプリといったメディアの垣根を超えたコンテンツを制作。広告・カタログ・小冊子などの制作も多数。

松本博幸氏 コメント

忘れ去られていたコンテンツマーケティングが改めて注目され、世に発信していくための大事な言葉を紡いでいく企画編集コンテンツのより高いクオリティを求められることが増えています。それらを実現する経験豊富な素晴らしいメンバーが揃い、そして弊社が得意とするSEOコンテンツを組み合わせたハイブリット型の企画立案とコンテンツ構成を実現する新しいカタチの編集プロダクションを創造していきます。

【サービスに関するお問い合わせ】
株式会社スマートメディア 担当:夏井
TEL:03-6450-5477 E-MAIL:sales@sma-media.co.jp

【株式会社スマートメディア 会社概要】
会社名   :株式会社スマートメディア
代表取締役 :成井 五久実
住所    :東京都港区南青山1-24-3we work乃木坂4F
設立    :2018年7月
事業内容  :テクノロジーを活用したメディア事業

関連情報

株式会社スマートメディア
人気雑誌で活躍したプロ編集者が集結。ハイクオリティなオウンドメディア運営で企業の発信課題を解決