【PR】

世界初バーチャルキャラクターのためのソーシャルメディア「Oshi」がグローバルローンチ

【PR】

バーチャルキャラクターとして活躍するクリエイターに収益化の機会を提供するとともに、世界中のファンはキャラクターと直接的なコミュニケーションを楽しめるように

現在、世界70カ国以上で利用されているグローバルストリーミングプラットフォーム「Logcast」(本社:スウェーデン・ストックホルム、共同創立者兼CEO:レニ・アンドロニコス)は、バーチャルキャラクター向けのソーシャルメディア「Oshi」を、この度グローバルローンチいたしました。Oshiは、シリコンバレーのベンチャーキャピタル「Goodwater Capital」からの支援を受けています。今回のOshiのグローバルローンチにより、VTuber、アニメおよびゲームに登場するキャラクターたちと世界中のファンがダイレクトに繋がることで、クリエイターに収益機会が生まれる新たな時代が到来することとなります。

ソーシャルメディア「Oshi」
VTuber(バーチャルアバターのYouTuber)や声優などバーチャルキャラクターとして活躍するクリエイターは、日々のレポや舞台裏の録音をはじめとする音声クリップなどの有料コンテンツをOshi上にアップできます。さらに今後は、ファンとのバーチャルな交流イベントや生配信でのアバターストリーミングなども企画できる予定で、2024年にはSpotifyとのパートナーシップにより、Oshi経由でSpotifyに短編トークコンテンツをアップできるようになります。キャラクター主体のコンテンツ配信により、まるでアニメやゲームのキャラクターが現実世界に存在しているかのように、ファンは自身の「推し」のキャラクターとの直接的なコミュニケーションを楽しむことができます。

当社は、2030年までにバーチャルアバターのクリエイター数が人間のクリエイター数を上回ると予測しており、次世代のキャラクターエンターテインメント市場は、ファンがキャラクターの動向を追うために新しい映画やアニメの最新話を待つ必要のない、より活動的で“Direct to Fan (D2F=ファンとダイレクトにつながることができる)”な場であると想定しています。つまり、好きなキャラクターとダイレクトに関係を築き、交流を図ることで、フィクションと現実のギャップが次第になくなっていくと考えます。

ファンとダイレクトにつながることができるキャラクターエンターテインメントの新時代

VTuberや“D2F”という先進的なコンセプトにインスパイアされた当社は、VTuberをキャラクター主導型コンテンツにおける新時代の先例と捉えています。Oshiでは、キャラクター主導型コンテンツを、VTuberのみに留まらずアニメやゲームのキャラクターをはじめ、あらゆるジャンルのキャラクターから発信することが可能です。これまで架空の世界にしか存在しなかったキャラクターたちが現実のデジタル世界に登場し、ファンと直接的に対話する機会を得られるのです。また、当社が開発した独自の技術によりファンとバーチャルキャラクターとのリアルタイムの交流が可能となっています。
ファンとダイレクトにつながることができるキャラクターエンターテインメントの新時代

声優がキャラクターの人格やストーリーを自在に扱えるように

Oshiでは、自分のキャラクターを声優やクリエイター自身がコントロールすることで、ユニークなバーチャルキャラクターを創り上げ、自身の声で魅力的なストーリーを語り、熱狂的なファンベースとのダイレクトな関係性の構築を実現します。これは、D2FのIP生成とストーリーテリングモデルの台頭を意味し、クリエイターは、従来の業界のゲートキーパーに制限されずに自身のビジョンを実現でき、これまでにない自由を手に入れられます。

拡大を続けるVTuber市場にパイオニアとして参入するOshiは、日本の“Fan-to-Creator(ファンからクリエイターへ直接)”経済の進化系を体現しています。CEOのアンドロニコスは、アバターであれ人間であれ、バーチャルクリエイターに力を与え、熱心なファンがキャラクターをサポートできる機会の幅を広げ、世界中のオーディエンスにリーチを広げる手段としてOshiが活用されることを期待しています。

クリエイターにさらなる収益機会を届けるSpotifyとのパートナーシップ

2024年には、月間リスナーが4億5,600万人を超えるSpotifyとのパートナーシップも始動予定です。本パートナシップにより、バーチャルキャラクターとして活動するクリエイターは、楽曲だけでなく、ファンに向けた特別なアナウンスや舞台裏などの短編トークコンテンツもOshiを通じてSpotifyに配信できるように。Oshi経由でSpotifyに公開されたトークコンテンツは、Oshiチャンネルへ登録したユーザーのみがアクセスできるSpotifyの有料コンテンツとして公開されます。パートナシップがローンチされると、クリエイターにとってはこれまでにない革新的な収益化の機会となり、推しを応援するコアなファンに向けて、他では手に入らない垂涎の限定コンテンツへアクセスする機会を提供できることになります。

将来的にはMRやVRの世界にまで拡張

アンドロニコスはミッションについて、「ファンとキャラクターが現実世界で交流でき、エンターテイメントの体験方法を再定義する未来の創造」と話します。Oshiによって、フィクションと現実の境界線が曖昧になり、ファンは応援するバーチャルキャラクターと直接会話でき、これまでにない世界線で好きなコンテンツを楽しむことができます。現在ウェブおよびモバイルベースで展開中のOshiは、今後、複合現実(MR)やバーチャルリアリティ(VR)環境にまで拡張できるよう、技術開発中です。つまり、好きなキャラクターが、現実世界で、すぐそこにいるかのように会話できる世界が待ち受けています。

◆ Logcast 共同創立者兼CEO/Oshi 開発者、レニ・アンドロニコスのコメント
Logcast 共同創立者兼CEO/Oshi 開発者、レニ・アンドロニコスのコメント

「日本の声優やVTuberが世界の視聴者にリーチできる市場のポテンシャルは非常に大きく、日本のアニメやポップカルチャーは世界的な人気を誇っています。しかし残念ながら、その背後にいるクリエイターは、デジタルプラットフォーム上でマネタイズする機会にあまり恵まれていないというのが現状です。Oshiは、Spotifyをはじめとする配信パートナーからなるグローバルネットワークを活用することで、日本のクリエイターに向けて、これまで未開拓で収益化されていなかった市場を開拓すると同時に、グローバルオーディエンスにはキャラクターと直接的につながることができる場を提供し、クリエイターが健全にマネタイズできる状況へと変えていくことを目指しています。」

Oshiについての詳細や登録に関する情報は、Oshi公式サイト( https://www.oshi4ever.com )をご覧ください。モバイルアプリは、App Store( https://apps.apple.com/se/app/oshi/id6471020103 )からダウンロードいただけます。また、Logcastについての情報は、Logcast公式サイト( https://logcast.io )をご覧ください。

なお、Oshiは、渋谷区や民間企業が出資する「シブヤスタートアップス株式会社」が今年8月に開始した、国内外の国際的なスタートアップに対して日本市場でのグロース支援をする「UP by Shibuya Startup Support」プログラム( https://upshibuya.com/ja )に参加しています。

Oshiについて

Oshiは、VTuberや、アニメ・ゲームキャラクターなどのバーチャルキャラクター専用のソーシャルメディアです。世界的な音声ストリーミングプラットフォーム「Logcast」の開発チームによって設立されたOshiは、音声ベースのコンテンツ、バーチャルイベント、プライベートな交流を通じてファンのエンゲージメントを高め、クリエイターの皆様をサポートいたします。Oshiは、App Storeのモバイルアプリ( https://apps.apple.com/se/app/oshi/id6471020103 )または https://www.oshi4ever.com にてご利用いただけます。

【PR】