キリン、発売半年で4,000万本※1突破!人気のサワーに新フレーバー登場 「麒麟 発酵レモンサワー 濃いレモン」を新発売

ソーシャルドッグ

ヒューマンアカデミー

果汁感ある飲みやすい味わいで、発酵で引き出されたレモンの味と香りを楽しめる

キリンビール株式会社(社長 磯崎功典)は、「麒麟 発酵レモンサワー」ブランドから新フレーバー「麒麟 発酵レモンサワー 濃いレモン」(350ml缶・500ml缶)を10月5日(火)より全国発売します。
※1 250ml換算

RTD※2市場はお客様の嗜好やニーズの多様化などにより拡大傾向が続いている一方で、ビール類・RTD飲用者の約8割が「人工感」を感じていることが分かっています。当社は、お客様がRTDに求める「おいしさ」と「人工感の払拭」を両立した商品に機会があると捉え、RTDカテゴリーの新コンセプトとして「自然とつくる、人に心地いいお酒」を掲げ、高付加価値商品で新たな飲用シーンを提供するべく、今年3月に「麒麟 発酵レモンサワー」を発売しました。当商品は、世界初※3の発酵レモン果汁を使用した味わいが多くのお客様に評価されてトライアル率も高く、8月には4,000万本を突破するなど、お客様から大きな支持をいただいています。
※2 Ready to Drinkの略。栓を開けてそのまま飲める低アルコール飲料
※3 「麒麟 発酵レモンサワー」。発酵レモン果汁・香料無添加の缶入りサワーとして(Mintel社GNPDを用いた2021年1月当社調べ)

 「麒麟 発酵レモンサワー」ブランドは「おいしさ」「品質感」などが支持されている一方で、お客様からアルコール度数のラインアップ拡充を求める声も多数いただきました。RTD市場はアルコール度数5%と7%の商品がけん引※4して成長を続けていることもあり、今回アルコール度数5%の新商品「麒麟 発酵レモンサワー 濃いレモン」の発売に至りました。当商品は、当社RTDの中で最も多い※5、レモン果汁量12%です。さらに香料・酸味料・甘味料無添加で、発酵で引き出されたより豊かなレモンの味と香りが楽しめます。
※4 インテージSCI
※5過去10年当社RTDレモンフレーバー(国内製造)において

今回「格別なおいしさ」と「人工感の払拭」を両立した、RTDの概念を一新する高付加価値商品において好調な「麒麟 発酵レモンサワー」に続き、「麒麟 発酵レモンサワー 濃いレモン」を発売することで、伸長するRTD市場のさらなる活性化を目指します。

麒麟 発酵レモンサワー 濃いレモン

中味について

当社RTD商品の中で最も多い、レモン果汁量12%です。発酵で引き出されたより豊かなレモンの味と香りを楽しめる、飲みやすく飲み飽きないおいしさに仕上げました。
発酵により深い味わいやまろやかさ、華やかさや香りなどの新たな香気成分が55種類増加します。レモンサワーのおいしさが一段と深くなり、香料・酸味料・甘味料無添加で自然なおいしさを実現しました。

パッケージについて

発酵レモンの豊かなおいしさが直感的に伝わる、品質感のあるデザインです。
“聖獣麒麟”のロゴを冠し、おいしさと品質の証を伝えるパッケージに仕上げました。

キリングループは、自然と人を見つめるものづくりで、「食と健康」の新たなよろこびを広げ、こころ豊かな社会の実現に貢献します。

1.商品名    「麒麟 発酵レモンサワー 濃いレモン」
2.発売日    2021年10月5日(火)
3.発売地域   全国
4.容量・容器  350ml・缶、500ml・缶
5.価格     オープン価格
6.アルコール分 5%
7.製造工場   キリンビール取手工場、名古屋工場、岡山工場、キリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所

関連リンク

キリンホールディングス株式会社
発売半年で4,000万本※1突破!人気のサワーに新フレーバー登場 「麒麟 発酵レモンサワー 濃いレモン」を新発売