サービス開始1年で1億円以上流通した、今話題のマウスピース矯正「DPEARL」開発の「フィルダクト」が株式投資型クラウドファンディングを開始

ソーシャルドッグ

丸善ジュンク堂書店オンライン

~Z世代の若手精鋭チームが歯科業界の課題に挑む!~

3Dテクノロジーを利用したD2Cマウスピース型歯科矯正「DPEARL(ディパール)」を運営し、デジタル歯科技工を起点に歯の健康を底上げすることで全身疾患の予防を目指す、株式会社フィルダクト (東京都 代表取締役:金子 奏絵)は、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」において、2021年6月29日(火)より投資申込みの受付を開始することをお知らせします。

*本案件は新株予約権のお取り扱いになります。
*本案件は新株予約権者限定優待(「DPEARL」の割引優待券)がございます。

フィルダクトのプロジェクトURLはこちら:https://fundinno.com/projects/243

フィルダクト、マウスピース矯正「DPEARL」

歯科矯正サービス「DPEARL」の概要

フィルダクトは、デジタル⻭科技⼯を起点に歯の健康を底上げすることで全身疾患の予防を目指す、オーラルヘルステックカンパニーです。主に、3Dテクノロジーなどのデジタル手法を用いたD2Cマウスピース型歯科矯正「DPEARL(ディパール)」を運営しております。

フィルダクト、マウスピース矯正「DPEARL」

「DPEARL」では、D2Cモデルの採用による中間業務の削減やデジタル技術を用いた徹底的な業務の効率化により、従来の約1/2の歯科矯正価格を実現しました。歯科矯正を始められない最も大きなハードルとなっている金額の面をクリアすることで、これまで歯科矯正を諦めていた方に広く歯科矯正を届けることができています。

また、治療の質のばらつきを産んでいた従来の歯科業界構造の抜本的な変革も図っております。自社で歯科技工所を保有し、デジタルを取り入れた歯科技工主体でマウスピース製作を行うことで、医師・患者と深く接点を持ちながらもプロセスの画一化に取り組み、高品質で適切な歯科矯正をユーザーに提供しています。

「DPEARL」は、2020年1月のサービス開始からすでに1.2億円以上の流通実績(*1)があり、治療希望見込みユーザー(*2)も5,000人を超えています。

フィルダクト、マウスピース矯正「DPEARL」

*1: 患者様の契約額
*2: サービス予約用LINEの登録人数

今後のフィルダクトの事業展望 と 今回のFUNDINNOにおけるクラウドファンディング実施目的

歯並びや噛み合わせの不正は、審美面や機能面の問題にとどまらず、全身のコンディションにも影響することがわかっています。歯科矯正事業である「DPEARL」はあくまで第一歩であり、フィルダクトはオーラルヘルステックカンパニーとして、歯科医療を通じた全身疾患の予防に取り組んでいきます。

また、「DPEARL」事業の拡大に伴い蓄積されていく、口腔内の画像データおよび継続的な顧客接点による臨床データを活用し新たなマーケティングやビジネスへの展開を目指していく他、「DPEARL」を運営する上で見えてきた、旧態依然とした歯科業界の課題を改善するための新たなDX事業も視野に入れています。

フィルダクト、マウスピース矯正「DPEARL」

そこでフィルダクトは、以上のような展望の実現に向けた、DPEARLの更なる事業規模拡大を目指し、2021年6月23日より株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOにおいて、募集案内の事前開示を開始いたします。

今回のクラウドファンディングに関する詳細

  • 募集案内リンクhttps://fundinno.com/projects/243
  • 募集期間:2021年6月29日(火)~2021年7月1日(木)
  • 上限募集額:70,920,000円(1口 9万、1人 5口まで)

株式会社フィルダクトについて

東京医科歯科大学で歯科技工と医療政策を学んだ代表の金子をはじめ、歯科と医科のバックグラウンドに強みを持つU27の若手メンバーが多く揃っています。また強力な株主陣に参画いただいています。
・会社名:株式会社フィルダクト
・所在地:東京都千代田区神田淡路町一丁目15番地3西堀ビル2F
・代 表:金子 奏絵
・設 立:2018年3月
・事業内容: 歯科関連事業、美容およびヘルスケア事業
・URL : https://philduct.com/

関連リンク

サービス開始1年で1億円以上流通した、今話題のマウスピース矯正「DPEARL」開発の「フィルダクト」が株式投資型クラウドファンディングを開始