TikTok、誰でも気軽にエフェクトが作成できる「Effect House」の公開ベータ版の運用を開始

ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」は、TikTokユーザーが誰でも気軽にエフェクトを作成できる「Effect House」の公開ベータ版の運用を4月12日より開始いたしました。

TikTok、誰でも気軽にエフェクトが作成できる「Effect House」の公開ベータ版の運用を開始

KINTOKINTO

概要

創造性を刺激するエフェクトはTikTok体験の中核の一つで、これまで様々なトレンドチャレンジを生み出してきました。
画面が徐々にフリーズするエフェクトで、遊び方の幅広さから世界中で創作意欲をかき立てた「#タイムワイプ(https://www.tiktok.com/tag/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%97)」や、撮る方も見る方も楽しい体験ができる「#写り込みチャレンジ(https://www.tiktok.com/tag/%E5%86%99%E3%82%8A%E8%BE%BC%E3%81%BF%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8)」、そしてクリスマスシーズンに爆発的な話題となった「#ノーズペイント(https://www.tiktok.com/tag/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88)」等、これまで多くのエフェクトが魅力的で没入感のある幅広いフォーマットを通じて、クリエイターの自己表現、エンタテインメント、そしてストーリーの共有に影響を与えてきました。

TikTok公式制作のみであったエフェクトの可能性を広げるため、本日より、TikTokユーザーの誰もが気軽にエフェクトを作成できるプラットフォーム「Effect House(https://effecthouse.tiktok.com/sign-up/?lang=ja-jp)」の公開ベータ版の運用を開始いたしました。
昨年10月に限定公開で運用していたベータ版においては、世界中で450人以上のエフェクトクリエイターがエフェクトを作成し、15億以上の動画がこれらのエフェクトを使って投稿され、そしてこれらの動画の再生回数は6,000億回を超えています。
今回、世界中で「Effect House」の公開ベータ版の運用を開始することで、今まで以上に世界中のユーザーが
TikTokのエフェクトを通して、新たなクリエイティブな空間をユーザー自身で開拓できると確信しています。

また、「Effect House」では、直感的なデザインや開発技術を備えたツールや学習ガイドを提供しています。
「Effect House」では、世界中のクリエイター、デザイナー、そして開発者がTikTokエフェクトの新しい世界観を想像し、TikTokコミュニティのための独自のエフェクトを作成してくれることを期待しています。

https://effecthouse.tiktok.com/?lang=ja-jp

TikTok、Effect House

創造性を刺激するエフェクトの中心に、常に安全性と包括性を

TikTokでは、グローバルコミュニティがエフェクトを作成し、積極的に楽しめるよう、安全で信頼できる包括的な環境を重視しています。 エフェクトは、コミュニティガイドライン(https://www.tiktok.com/community-guidelines?lang=en)に加えて、エフェクトガイドライン(https://effecthouse.tiktok.com/sign-up/)にも沿っていただく必要があります。このエフェクトガイドラインは、エフェクト作成にあたり、すべてのTikTokユーザーがコミュニティに歓迎され、自分らしく創造する力を持てるように追加されたポリシーです。例えば、ある特定のグループに対する差別や否定的な偏見を助長するようなエフェクトはエフェクトガイドラインに違反します。

Effect Houseで作成されたエフェクトはすべて、TikTokコミュニティにアプリ内で公開される前に、Trust and Safetyチームによって審査され、ガイドラインに準拠しているかどうか確認されます。エフェクトがガイドラインを違反していた場合、エフェクトは削除され、作成者に通知が届きます。エフェクト作成者は削除に対して異議を申し立てることができます。 TikTokでは、ガイドラインを違反するコンテンツがあれば積極的に特定し、削除するよう努めていますが、ユーザーの皆さんがガイドラインに沿っていないと思われるエフェクトを発見した際には「エフェクトを報告」機能を使って報告することもできます。また、おすすめエフェクトを紹介するエフェクトトレイでは、幅広い視聴者に配慮をする必要があるためアルコールが描写されているエフェクトなど、掲載できないものもあります。 予めご了承ください。

Effect House について

Effect House について

・公式ページ:https://effecthouse.tiktok.com/?lang=ja-jp
・ダウンロードページ:https://effecthouse.tiktok.com/download/
・Effect House特設ページ(日本版):
https://activity.tiktok.com/magic/eco/runtime/release/622adb276f7ca3033741184c?appType=tiktok

【TikTokについて】
TikTokは、モバイル向けのショートムービープラットフォームです。私たちのミッションは、創造性を刺激し、喜びをもたらすことです。TikTokには、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドン、パリ、ベルリン、ドバイ、ムンバイ、シンガポール、ジャカルタ、ソウル、東京などの国と地域にグローバルオフィスがあります。

関連情報

Bytedance株式会社
TikTok、誰でも気軽にエフェクトが作成できる「Effect House」の公開ベータ版の運用を開始!